中原区版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

本紙インタビュー 「最幸のまち」今後も市民と 2期目の福田市長に聞く

政治

インタビューに答える福田市長
インタビューに答える福田市長

 10月の市長選で2選を果たし、11月19日から2期目に入った福田紀彦市長が本紙の単独インタビューに応じた。

 福田市長は2期目への抱負を語りながら、「今後も『最幸のまち』を市民と一緒につくるプロセスを大切にしたい」と語った。

◇    ◇

 ――1期目の4年間をどう総括するか。

 「4年間で市民と約束したマニフェストの中で力を入れてきたのが子育て支援策。待機児童の解消や小児医療費の助成拡大、中学校給食など、それぞれをしっかり実現できた。特に中学校給食は保護者や教職員らが積極的に関わってくれてスピード感をもってできた。そして、税収を満たす仕組みとしての産業政策の中では、進展のなかった『羽田連絡道路』を4年間で着工まで進められたことなど、首都圏をけん引できるインフラが4年間でできつつあり、今後も取り組んでいきたい」

 ――2期目で取り組みたいテーマは。

 「川崎では今後も子育て世代が増えていく。4年間で新たに7千人の認可保育園の受入れ枠を確保するなど、引き続き待機児童対策に力を入れたい。また市内でも高齢化が進む中で地域包括ケアシステムの構築が重要となる。そのためには各区や地域との連携がとても大切で、行政もコミュニケーションを密にしたい」

 ――選挙戦で掲げた「子ども・若者応援基金」とは。

 「国が貧困とする水準を下回る世帯で生活する子どもの割合は市内で7%。将来の機会格差につながる経済格差を生まないための応援基金として競輪、競馬事業の収益金などを充てて創立する。まずは枠組みをつくるために今年度中に議案を提案したい。事業としては市独自の奨学金や学習支援など、NPO法人などと一緒に協力していく」

 ――2020年を見据えた「かわさきパラムーブメント」とは。

 「20年は通過点。未来へ大切なのは差別や偏見のない子どもたちを育てるための教育。その意識、社会変革が一番のレガシー(遺産)になると信じています」
 

中原区版のローカルニュース最新6件

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク