中原区版 掲載号:2018年8月31日号 エリアトップへ

3年連続で県選抜メンバーを輩出した女子学童野球「中原ルーキーズ」の監督を務める 梅岡 秀行さん 高津区在住 58歳

掲載号:2018年8月31日号

  • LINE
  • hatena

野球通し成長願う親心

 ○…区内の野球少女が集う中原ルーキーズのコーチを5年務め、今年2月から監督として指揮を執る。メンバーは現在13人。うち2人が県選抜に選ばれ、チームからの輩出は3年連続だ。今夏、県選抜は全国制覇。「教え子が全国で活躍してくれて嬉しい。トーナメントで6回勝ち進むのは、運以外に実力もないと叶わない」と目を細める。

 ○…子ども会野球部「新城ドルフィンズ」のコーチは11年。きっかけは当時小学生だった息子が少年野球を始めたこと。「私の経験は草野球くらい。息子の練習に付き合ううちに指導者になっていたよ」と笑う。指導方針に掲げるのは、考えさせる野球。「監督やコーチが伝える意味をなぜ?と考え、理解し実践していくことが大切。それは人としての成長でも同じだと思う」。食事管理や栄養面でも支えようとアスリートフードマイスターの資格も取得。「日本人大リーガー夫人のようにね。子どもの健康だけでなく保護者とのコミュニケーションにもなるでしょ」。まさに親心だ。

 ○…システムエンジニアとして会社勤めし、夫人と娘2人、息子1人の家族を養う。忘れられないのは野球部だった息子の高3最後の夏。「4対5でリードされた9回裏2アウトで、息子の打順。最後のバッターになるかと思ったら3塁打を放ってくれてね」。二人三脚で積み重ねた練習の日々を思い出し、こみ上げるものがあった。

 ○…夢は野球を通じて一人でも多くの子を人として成長させていくこと。「チームプレーは相手への思いやり、感謝、協力の大切さなどを学べる。それを教えるのが私の役目」。信条の「不易流行」も心にとめる。「価値あるものは継続させ、新たな価値や改善していくことも必要」。自らにも言い聞かせ指導にあたっていく。

中原区版の人物風土記最新6

田邉  靜江さん

中原区民生委員児童委員協議会の会長として、コロナ禍でも活動を続ける

田邉 靜江さん

新城中町在住 74歳

9月3日号

潮田 智信さん

県野球協会の会長として、区内から野球の普及に努める

潮田 智信さん

木月在住 68歳

8月27日号

光武(みつたけ) 勉さん

区内を拠点に、ハンドボールの普及に努める

光武(みつたけ) 勉さん

上小田中在勤 41歳

8月20日号

青柳 嘉隆さん

陣屋二丁目のドッジボールチームの監督として中子連の大会で5連覇させた

青柳 嘉隆さん

井田在住 63歳

8月13日号

西 智弘さん

市立井田病院の医師で、コミュニティカフェでコロナワクチン相談会を行う

西 智弘さん

井田在住 41歳

8月6日号

堀田 彰恵さん

公益社団法人川崎市看護協会の会長に6月に就任した

堀田 彰恵さん

今井上町在勤 60歳

7月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook