中原区版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

新成人 新たな門出 6千800人が参加

社会

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena

 「平成31年成人の日を祝うつどい」が1月14日、川崎市とどろきアリーナで開催された。市内の成人1万4187人のうち、6772人が参加した。

 会場前の広場には、色とりどりの振袖や紋付袴など華やかな晴れ着姿の新成人が溢れ、同級生と久しぶりの再会に喜ぶ声や、集まって記念写真の撮影を楽しむ声が聞かれた。

 式典では、福田紀彦市長から「今年は平成最後の成人式。今までの人生で起こった出来事をどう受け止めて感謝にかえ、未来に進むか。一人ひとりの目標に向かってチャレンジしていってください」とお祝いの言葉が贈られた。

 新成人代表の柚平真理亜さんは「将来は子どもの生活を支援する仕事に就きたい。その夢を実現するために今という一瞬を精一杯生きていきたい」、菊地璃緒菜さんは「20年の経験で自分のできること、できないことが分かってきた。世の中はまだまだ自分の知らないことで溢れている。これから沢山の出会いや経験を経て、社会の一員として自分の世界を広げていきたい」と話した。

 成人式サポーターグループによるビデオメッセージ企画では、各区の中学校の先生や、川崎フロンターレの中村憲剛選手、川崎市出身のお笑い芸人・やしろ優さんなどからお祝いのメッセージが贈られ、会場は和やかな雰囲気に包まれた。また、4人組バンド「ねごと」もお祝いに駆けつけ会場を盛り上げた。

 参加した高津区在住の新成人・物江陽香さんは「天気も良くいい気持ちで式当日を迎えられた。今は大学で小学校の教員免許を取得するため勉強中。街もどんどん変化してきているが、20年住んだこの街に教師になって恩返ししたい」と話していた。

式典に参加する新成人
式典に参加する新成人

中原区版のローカルニュース最新6

「目の検診、充実を」

市眼科医会

「目の検診、充実を」 社会

副市長に要望

6月11日号

3人体制で新たな一歩

3人体制で新たな一歩 文化

川崎純情小町☆

6月11日号

警察署窓口、4時までに

警察署窓口、4時までに 社会

オンライン化に向け試行

6月11日号

所属委員会決まる

神奈川県議会

所属委員会決まる 政治

6月11日号

川崎、ファンと結束強め

バスケB1

川崎、ファンと結束強め スポーツ

感謝祭に1400人超

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter