中原区版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

(PR)

CIDPなどに対応『聖マリアンナ医科大学東横病院』 「神経難病外来」7月スタート

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena
大熊壮尚医師
大熊壮尚医師

 昭和20年代から武蔵小杉周辺の地域医療を支えてきた『聖マリアンナ医科大学東横病院』。時代の変化と地域ニーズにあわせ、各専門部門を設けるなど、患者の受け皿を広げている。そんな同院では、7月から「神経難病外来」をスタート。担当する脳神経内科特任教授で副センター長の大熊壮尚医師に話を聞いた。

大熊医師―「私は20年以上にわたり脳神経内科に携わり、CIDP(慢性炎症性脱髄性多発神経炎)の診療も数多く重ねてきました。CIDPとは末梢神経に炎症が起き、筋力の低下や感覚の障害をきたす病で、10万人のうち2〜6人が発症するとされています。主な症状は、左右対称性で筋力が低下し力が入らない、しびれが起きるなどですが、症状は多岐に渡ります。また、再発を繰り返したり、症状が進行したりで、医師の誤診率も40%以上あるとされる難しい病気です。

 今回始めた外来では、〈神経伝導速度検査装置〉を用い、CIDPを含むしびれの原因を検査します。また、定期的な維持療法や再発防止、セカンドオピニオン的な相談なども受け付けます。整形外科で“骨に異常がない”と診断されたようなしびれの原因、パーキンソン病の薬物コントロールなどにも対応します。紹介状がなくても診療は可能です。

 まずは、患者さんの話にしっかり耳を傾け、触診も十分に行いながら、丁寧な診療に努めてまいります」。

 同外来では、立地的な好アクセスをいかし、県内外の患者を受け入れていきたい考えだ。

聖マリアンナ医科大学東横病院

川崎市中原区小杉町3-435

TEL:044-722-2121

http://www.marianna-toyoko.jp/

中原区版のピックアップ(PR)最新6

安心の永代供養墓が4万円

後々の費用一切なし/宗派問わず

安心の永代供養墓が4万円

眞宗寺 川崎大仏が見守る霊園

8月16日号

22日は重賞レースも

川崎競馬を遊びつくせ 8月21日〜25日

22日は重賞レースも

夏休みファミリーフェス

8月16日号

消防音楽隊が迫力の演奏

観覧無料

消防音楽隊が迫力の演奏

21日、中原区役所で

8月16日号

「地域に開けた家づくりを」

参加募集

「地域に開けた家づくりを」

8月31日、市民館で講座

8月16日号

カフェ感覚で気軽に参加を

ご葬儀ティータイム相談会 参加者募集

カフェ感覚で気軽に参加を

要予約・5組 先着順 葬祭式場 平安会館みやうち

8月9日号

リノベ第一人者のセミナー

「プロフェッショナル 仕事の流儀」出演

リノベ第一人者のセミナー

空室対策の参考に

8月9日号

福祉車両の購入費を助成

神奈川福祉事業協会

福祉車両の購入費を助成

施設・団体向け 9月26日締切

8月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク