中原区版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

(PR)

4月から「混合診療」へ前進に期待 医療レポート 「日帰り白内障手術」進化続け20年 武蔵小杉駅北口目の前 眼科『小杉タワークリニック』

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena
雨風、寒さもしのげるビルフロア内に立地
雨風、寒さもしのげるビルフロア内に立地

全世代型の医療モール5診療科が隣接

 今年7月、イトーヨーカドー隣の小杉3丁目東地区に新たな商業施設が誕生し、8月下旬には新築マンションへの入居が開始予定。同時期には「こすぎコアパーク」のリニューアルも控え、日本医科大学武蔵小杉病院では新病院への建て替え準備が進んでいる。

 その駅北口に、全世代型の医療モールとして定着しているのが『武蔵小杉駅前メディカルプラザ』だ。眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、内科、歯科という高齢者に適した5診療科が揃い、医師もより良い医療体制の構築へ連携を深めている。

白内障手術、新機器を導入

 その眼科『小杉タワークリニック』は、02年に武蔵小杉周辺で初めて「日帰り白内障手術」を導入。その後時代の流れとともに進化を遂げている一つが「手術時間」だ。当時は1時間ほど要していたが、年々短くなり昨年新たに導入した手術機器では10分未満と当時の約6分の1に短縮。手術の傷口も、5ミリ超から2ミリ程に縮小しほぼ無痛に。さらに今年4月から、遠近両用など生活に応じた仕様も可能な「眼内レンズ」が、厚労省により混合診療(保険診療と自費診療の併用)として認可される見通しだ。もともと眼内レンズはメガネを必要とする頻度を減らせ、長期的にはコンタクトレンズよりも低コストだとして近年ニーズが高まっており、患者の選択肢がさらに広がりそうだ。同院の林院長は「眼が単独臓器なのもあるが、同じ手術でこれほど短期間に進化を遂げるのは珍しい。リスクが軽減され快適な手術になりつつある」と話す。

 その他、緑内障や糖尿病網膜症、スマホやパソコンが原因でドライアイの患者も増えているという。「どんな病も早期発見がカギ。40歳を過ぎたら定期検診を」と林院長。同院は平日19時まで受け付けており、会社帰りでも受診可能だ。

寒さしのぎ通い易く

 同医療モールは、駅・バス停・タクシー乗り場が目の前で、エレベーターもありベビーカーや車イス、高齢者や障害者でも通いやすい立地。ビルのフロア内にあるので寒さや雨風をしのげ、郵便局やコンビニ、飲食店もあり待ち時間が気にならない環境が整う。

手術室もその時代の最新の設備に
手術室もその時代の最新の設備に

小杉タワークリニック

川崎市中原区小杉町1-403 1階

TEL:044-712-1077

http://www.kosugitowerclinic.com/

多摩川の治水対策が決定!

川本学県議、松原成文市議、原典之市議、末永直市議、吉沢直美市議

http://www.jiminkawasaki.jp/

<PR>

中原区版のピックアップ(PR)最新6

無料で「姿勢検査」

休校支援

無料で「姿勢検査」

先着30人、親子とも可

3月20日号

【タウンニュース春の特別号】

お届けお祝い弁当・個室でお祝い会席

卒業・入学・就職・誕生祝い等に ホテル精養軒

お届けお祝い弁当・個室でお祝い会席

「ご家族、会社へホテルの味をお届けします!」

3月6日号

「かわさき北部斎苑」の現状は…

「かわさき北部斎苑」の現状は…

川崎葬祭具協同組合 齋藤隆理事長

3月6日号

フォトラリー参加募集

みどりのパワー&癒やしスポット巡り

フォトラリー参加募集

もれなくグッズ進呈 抽選で賞品も

3月6日号

福田こうへいコンサート

福田こうへいコンサート

カルッツかわさき 各5組10人招待

2月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク