中原区版 掲載号:2020年5月1日号 エリアトップへ

区内企業がシステム開発 来客予測で廃棄ロス防げ

経済

掲載号:2020年5月1日号

  • LINE
  • hatena
川崎ものづくりブランドの盾を手にする中川社長
川崎ものづくりブランドの盾を手にする中川社長

 今日の売れ筋商品は、開店前に何個作ればいいだろう――。パンやケーキ、和菓子屋などの製造小売り業では、開店前に客足を予測。廃棄商品を少なくするため、今日も店長の勘に頼る。そんな日々に別れを告げるべく開発されたのが、AIやビッグデータを活用して、来客数や売上を予測するウェブのアプリシステム「AI-Hawk(エーアイホーク)」だ。昨年11月、川崎ものづくりブランドにも認定されたシステムで、区内木月に事務所を構える(株)ROXが開発した。

 「発注やバイトシフトの組み方など、店長の頭の中を店員が可視化できるため、働きやすさにも一役買っているようだ」と話すのは同社の中川達生社長。「AI-Hawk」は、過去の来店客数や天候データをもとに45日先までの来客数や販売数を予測するシステム。仕入れや仕込み数の見通しが立つため、作った食品の廃棄削減や売り切れ防止に役立つ。予測精度は業態、天候により誤差が出るものの、パン屋チェーン店20店舗で1カ月間かけて検証したところ、93%の精度をたたき出したという。「お店によっては”アイちゃん”なんて愛称で呼んでもらって、嬉しい」と中川社長。

 中川社長は、大手企業の会社員だったが、仕事に追われ命をたった友人の死を機に一念発起。34歳で独立し、大学院でデータ分析の技術を磨き、製造小売業の仕事を請け負うように。その中で顧客の持つ「廃棄ロスの問題」を目の当たりにする。1日の売上や製造の見通しを立てるのに、個人の勘と経験に頼りすぎていることに気付いた。「見通しを立てられる人に業務が集中していた。誰でもできるようになれば、働き方改革にもつながると考えた。顧客ニーズに100%応えようと主観ゼロで作ったシステム。仕事で忙しい人の役に立ってほしい」と中川社長。

調理現場で活用される「AI―Hawk」
調理現場で活用される「AI―Hawk」

中原区版のローカルニュース最新6

「短冊に願い込め」

医大通り商栄会

「短冊に願い込め」 文化

彩る100個の七夕飾り

7月1日号

街への落書き「NO」

街への落書き「NO」 社会

富士通社員らが社会貢献

7月1日号

新メンバーで復活

川崎北LC

新メンバーで復活 社会

7月から再スタート

7月1日号

小学生が意見交わす

小学生が意見交わす 教育

子ども哲学カフェ「盛況」

7月1日号

リュウゼツランはいかが

リュウゼツランはいかが 文化

希望者に2株進呈

7月1日号

新会長に小柴氏

市食衛協

新会長に小柴氏 経済

新理事に区会長の萩原氏ら

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook