中原区版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

ユニまとい小鳥も応援 地元サポーターが考案

社会

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena
ユニフォームを着る小鳥
ユニフォームを着る小鳥

 等々力陸上競技場近くに車止めの柵にとまった鉄製の小鳥のオブジェがある。川崎フロンターレのホーム戦の日は、その小鳥がフロンターレと対戦チームのユニフォームを模した衣装を身につけ、話題となっている。

 仕掛け人は中原区内に住む女性。以前からフロンターレを応援しており、結婚を機に同競技場近くへ引っ越し、よく通る道で小鳥のオブジェを発見。趣味の編み物を生かし手編みのユニフォームを着せることを発案し、製造元に許可を得て実現した。相手チームの分も着せることで「アウェー戦に来た方々に、等々力へようこそという歓迎の気持ちを伝えたい」と話す。

 1着作るのにかかる時間は約2時間。各チームのユニフォームが替わるごとに新調してこれまでに編んだ数は計200着。「たくさんの方がユニフォームを着た小鳥を可愛がってくれてうれしい。これからも続けていきたい」と思いを語る。女性は、小鳥の名称「ピコリーノ」にちなみ、SNSでは「ピコリーノの仕立屋さん」というアカウント名で活動。ユニフォーム姿の「ピコリーノ」の写真などを発信している。

手掛けた作品
手掛けた作品

中原区版のローカルニュース最新6

過去5年で最多

川崎市火災件数

過去5年で最多 社会

要因に連続放火など

1月14日号

3月12日、開通

多摩川スカイブリッジ

3月12日、開通 社会

各種イベントも予定

1月14日号

「芝」がつないだ名将との縁

市立川崎高サッカー部

「芝」がつないだ名将との縁 スポーツ

故・小嶺忠敏さん秘話

1月14日号

未来志向の日韓交流へ

未来志向の日韓交流へ 社会

民団が新年の集い

1月14日号

プラ循環「成功させる」

プラ循環「成功させる」 政治

福田市長が新年の辞

1月14日号

地元企業らと連携

川崎競馬場

地元企業らと連携 スポーツ

プレゼントグッズを制作

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook