中原区版 掲載号:2020年12月25日号 エリアトップへ

神明神社の八百八橋プロジェクトを中心メンバーの一人として成功させた 本多 克二さん 上小田中在住 76歳

掲載号:2020年12月25日号

  • LINE
  • hatena

まちに尽くし、歴史継ぐ

 ○…今春から本格始動した八百八橋プロジェクトがついに形に。300年前の人々の暮らしを支えた橋を、後世に向け目に見える形で保存した。「ほっとした。肩の荷が下りたよう」と安堵する。兄の勧めで氏子崇敬会に入ったのは約1年前。会員歴は浅いながらも、「せっかく取り組むなら良いものにしたい」とリーダーシップを発揮した。「訪れる一人ひとりに八百八橋の歴史を語り継いでもらえたら」

 ○…上小田中で生まれ育ち76年。大学卒業後は川崎市に入庁し、市内各地で業務に携わって、定年前は地元の中原区役所で勤め上げた。区制25周年の際には区民や町会長と協力し、当時栽培が盛んだったパンジーの区の花制定に尽力。今なお街中に咲き誇る姿に心が和む。「明るく良い町にという思いで関わった。パンジーはじめ色鮮やかに咲いていて嬉しい」と目を細める。思い出は尽きず、約20年前に区を上げてJ1昇格を祝った川崎フロンターレが今や敵なしの姿に感慨を感じる。

 ○…等々力緑地にあった蓮池でカワセミを見てから野鳥の虜に。30キロの機材を抱えては仲間と各地の山に撮影に向かった。腰を痛めた今は、専ら家の庭に訪れる野鳥を観察。鳥のために池も自作した。「毎年この時期はジョウビタキが来てくれる。探すのが楽しみ」

 ○…「今まで特に地域活動はしてこなかった」が、八百八橋を通して地元の魅力を再確認し、新たな交友関係も生まれた。「今後も仲間とともに神社を地域の拠点として守り、体が動くうちは地域貢献に努めたい」。50年以上連れ沿う妻とのヨーロッパ世界遺産巡りの再開も待ち遠しい。そのためにも「健康で長生き」が目標。「大病せず生きてこられたことが一番幸せ。これからも健康第一で過ごせれば」

中原区版の人物風土記最新6

三堀 さき子さん

中原区子ども会連合会の最年長役員で、相談役を務める

三堀 さき子さん

小杉陣屋町在住 92歳

10月22日号

時田 正枝さん

木月こどもキッチンの代表で、「オズみんなの食堂」の運営に携わった 食を軸に出会い紡ぐ

時田 正枝さん

木月在住 55歳

10月8日号

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める 息子の笑顔のため、走る

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月1日号

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

市内在勤 45歳

9月24日号

田邉  靜江さん

中原区民生委員児童委員協議会の会長として、コロナ禍でも活動を続ける

田邉 靜江さん

新城中町在住 74歳

9月3日号

潮田 智信さん

県野球協会の会長として、区内から野球の普及に努める

潮田 智信さん

木月在住 68歳

8月27日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook