中原区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

政権政党所属の地元県議として 県政報告Vol.16 コロナ禍の要望受け、政策実現! 神奈川県議会議員 川本 学

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 令和2年は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催され、世界中から多くの外国人が訪日し、活気溢れる一年になるはずでした。しかし、いつの間にか全世界で新型コロナウイルス感染症との戦いに転じ、様々な変化が起きた年となりました。

 新型コロナウイルス感染症が日本に蔓延した直後、私は未知の感染症に対し県民の皆様は何を求めるのかについて中原区を中心に調査を実施し、それを踏まえ自民党神奈川県連を通じ日本政府へ直接提言しました。その結果、実際に政府の支援策として盛り込まれることとなりました。商店街などでご商売を営む方々をはじめ多くの感謝の声をいただき、政権政党所属の地元県議としてこの上ない限りであります。

 県議会では今、産業労働常任委員会副委員長を務めておりますが、新型コロナウイルス感染症の影響で県内経済のエンジンにブレーキがかかった大変厳しい状況に直面する中小企業が、強力に前へ歩みを進められるよう汗をかいてまいります。一日も早く新型コロナウイルス感染症の戦いに打ち勝ち、希望が持てる新たな一年になるよう、県民の命と暮らしを守り、県政発展をめざし手を緩めずに引き続き尽力して参ります。

井田病院を災害拠点に

 12月の県議会で「災害拠点病院について」質問しました。一昨年10月の台風で川崎市内の多摩川流域で浸水被害が発生しましたが、市内の災害拠点病院6施設のうち、5施設が洪水・浸水想定区域内に立地しています。他県では市街地が冠水し災害拠点病院へ救急車が乗り入れできなかった事例もあり、川崎市議会議長から知事宛てに井田病院を災害拠点病院として追加指定するよう意見書が提出されています。

 そこで私は災害拠点病院の在り方を検討すべきと質問。黒岩知事からは「洪水浸水想定区域内にあっても、ただちに災害時の医療救護体制に支障が生じるものではないが、暴風雨など局所的な激甚災害が発生している状況をふまえ、改めて県内の医療救護体制を検証する必要がある。風水害の影響を加味し、市町村や医療関係者とともに検討していく」との答弁がありました。引き続き、市民・県民を守るため、取り組んでまいります。

質問に立つ川本
質問に立つ川本

神奈川県議会議員・川本学

川崎市中原区田尻町12

TEL:044-201-7611

https://www.nakaharaku.com/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

防火水槽を活用して放水訓練

市政レポートNo.114

防火水槽を活用して放水訓練

川崎市議会議員大都市税財政制度調査特別委員会委員長原 典之

7月1日号

多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現

市政報告

多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現

川崎市議会議員 松原しげふみ川崎市議会議員 松原しげふみ

6月24日号

4年で12件、園児置き去り対策徹底へ

市政レポートNo.142

4年で12件、園児置き去り対策徹底へ

みらい川崎市議会議員団 副団長 おしもとよしじ

6月24日号

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

意見広告

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

日本共産党神奈川県副委員長 あさか由香

6月17日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook