中原区版 掲載号:2021年2月26日号 エリアトップへ

フロンターレ天野さん クラブの原点振り返る 市商連のオンライン講演で

スポーツ

掲載号:2021年2月26日号

  • LINE
  • hatena
意見交換する3氏
意見交換する3氏

 川崎市商店街連合会が主催する商店街活性フォーラムの講演がオンラインで行われることを受け、2月19日に川崎商工会議所で収録が行われた。参加したのは、サッカーJ1・川崎フロンターレの「名物仕掛人」として知られる天野春果タウンコミュニケーション部部長。深瀬武三市商連会長、柳沢正高市商連会長代行を交えた鼎談(ていだん)も行われた。

 天野さんは「まちの一員として生きる」と題して講演。「公式戦の試合会場はお客さんが全然いなかった」と入社した97年当時を振り返り、中原区商店街連合会の当時の青年部長から地域密着の大切さを説かれ、「フロンターレに対する期待が大きい」と感じたと述べた。あいさつ回りでは、灰皿が飛んできたことや手書きの新聞を毎週作成して地域の商店に配布しながら関係を築いたエピソードを紹介しつつ、「今のフロンターレスタッフには相手の顔や目を見て話す(現場主義の)大切さを教えている」と強調。天野さんは平間銀座商店街で恒例となっている新人選手の研修についても触れ、「昨季現役引退した中村憲剛さん(現同クラブFRO)が昨年12月の引退セレモニーで行った地域への感謝のあいさつにつながった」とも述べた。

 フォーラム第2部の鼎談では、ホームゲームで活躍した選手に市商連が贈る「あんたが大賞」の商品について話題が上った。これに対して天野さんは「もらった選手がそれを感謝し、客席のサポーターに渡すアイテムが望ましい」とミカンやリンゴなど小分けにできるものを要望した。

 講演の動画は市商連ウェブサイトにアップされる予定。

中原区版のローカルニュース最新6

等々力で球春到来

川崎野球協会中原支部

等々力で球春到来 スポーツ

13チームがリーグ戦へ

4月16日号

未指定「文化財」募る

未指定「文化財」募る 文化

市顕彰制度、4年目に

4月16日号

災害時に入浴支援

災害時に入浴支援 社会

浴場組合が市と協定

4月16日号

県内SDGs事例を冊子に

県内SDGs事例を冊子に 社会

中小企業の15事例掲載

4月16日号

所属委員会決まる

所属委員会決まる 政治

川崎市議会

4月16日号

局長級の女性は2人

局長級の女性は2人 社会

4月1日付市人事

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter