中原区版 掲載号:2021年6月11日号 エリアトップへ

ご当地アイドル「川崎純情小町☆」のメンバーで中原区を担当する 鶴田 ちなみさん 幸区出身

掲載号:2021年6月11日号

  • LINE
  • hatena

懐開き、「地域」を照らす

 ○…今月から中原区・幸区・川崎区を兼任し担当を務める。3人体制が始動し、メンバー歴半年ながらグループでは最も先輩に。「プレッシャーはあるが大好きなアイドル業を一心に楽しむだけ。みんな新人だからこそ何でも挑戦できる」と意欲を見せる。担当区としての中原区で初ステージの予定はまだなく、「早く地域の皆さんにお会いしたい」と切望。ご当地アイドルならではの「地元トーク」でファンとの距離を縮めるため、SNSの活用や街歩きで理解を深める。

 ○…中学生の頃、自己肯定感が低く人付き合いも苦手で不登校に。「自分の顔が大嫌いで常にマスクで隠していた。外せと言われて泣いたこともある」。友人の勧めでメイクを始め、コンプレックスを克服。辛い経験をさらけ出すことが誰かの励みにつながればと、より多くの人と関われるアイドルを志した。「私の人生が誰かの人生の糧になっているなら、それこそが私が人前に立つ意義だと思う」

 ○…川崎フロンターレのファンで、初めて観戦したのは「お母さんのお腹の中にいるとき」。コロナ以前は家族と大声を出して応援し、ストレスを解消していた。今は武蔵小杉駅周辺でのランチでほっと息抜き。「来るたびに新しいお店ができていてワクワクする。流行好きなので開拓していきたい」と目を輝かす。

 ○…歌やダンスの経験が浅く劣等感に苛まれる日もあるが、大好きな川崎でアイドルを続けるため「絶対に逃げたくない」。今秋に結成10周年を記念し、歴代メンバーが集結するイベントを予定。「今の魅力を伝える絶好の機会。歴史を継ぎつつ、新しい魅せ方もできるグループになっていたい」。輝かしいステージの傍ら、陰の惜しみない努力で磨きをかける。

中原区版の人物風土記最新6

鶴田 ちなみさん

ご当地アイドル「川崎純情小町☆」のメンバーで中原区を担当する

鶴田 ちなみさん

幸区出身

6月11日号

川本 文人さん

NEC玉川プロボノ倶楽部でリーダーを務め、地域連携のため奔走する

川本 文人さん

千葉県在住 57歳

6月4日号

白井 信夫さん

100回目の開催を迎えた丸子地区小学生野球大会に初回から携わる

白井 信夫さん

丸子通り在住 77歳

5月28日号

落合 楓乃(かの)さん

法政二高出身で、ミス・グランドとして県代表に選ばれた

落合 楓乃(かの)さん

東京都在住 20歳

5月21日号

梨元 陽葵(ひより)さん

ご当地アイドル「ハニートランス」でリーダーを務める

梨元 陽葵(ひより)さん

中原区在勤 

5月14日号

萩原 勲雄さん

江川せせらぎ遊歩道沿いに、6年ぶりに鯉のぼりを掲げた

萩原 勲雄さん

高津区在住 76歳

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter