中原区版 掲載号:2021年7月16日号 エリアトップへ

小杉でエコの輪、始動 堆肥持ち寄り菜園づくり

社会

掲載号:2021年7月16日号

  • LINE
  • hatena

 家庭で生ごみを堆肥化し、地域で野菜を育てよう――。そんな「エコワリング川崎」と題した試みが7月10日、武蔵小杉東急スクエアの展望デッキでスタートした。

 初日は事前応募に当選した10人のうち、8人が参加。トートバッグ型のコンポスト化容器を使い、生ごみを堆肥化する方法を学んだ後、堆肥を使った土づくりに挑戦=写真。腐葉土と赤玉土を混ぜた土にバジルなどのハーブ類やマリーゴールドを植え、コミュニティガーデンを制作した。

 電通、ローカルフードサイクリング、トラストリッジの3社と川崎市の協同プロジェクト。市によると、民間と行政が共に行う都市型のコンポスト使用事業で、市民を公募するのは国内初という。今後は、10人のメンバーで堆肥を持ち寄り、水やりや収穫まで専用アプリを活用して管理する。活動を支援する飲食店に、収穫した野菜などを持ち込んで調理してもらえるような仕組みも導入する予定だという。

 参加した崎上晴佳さん(32)は「普段土を触る機会がないので、参加して良かった。できることがエコにつながればいい。今後もお世話を続けていきたい」と話した。

 川崎市では、焼却ごみ量の約4分の1が家庭から出た生ごみ。今回の取り組みは、環境省の食品ロス削減・リサイクル推進モデル事業に採択され、実施。
 

完成した菜園
完成した菜園

中原区版のローカルニュース最新6

男女で県V 春高へ

市立橘高校バレーボール部

男女で県V 春高へ スポーツ

初戦は1月5日、新潟代表と

12月3日号

児童から感謝の声

新城鈴虫愛好会

児童から感謝の声 教育

命の大切さ伝える授業で

12月3日号

海外の絵本32冊寄贈

川崎とどろきRC

海外の絵本32冊寄贈 社会

市国際交流協会へ

12月3日号

ドリブル上達に「思考力」

プログラミング×サッカー

ドリブル上達に「思考力」 スポーツ

川崎Fらが企画

12月3日号

「生きづらさ」テーマ

中原図書館展示

「生きづらさ」テーマ 教育

保護司のお薦め本も紹介

12月3日号

SDGs制度、新たに220者

SDGs制度、新たに220者 社会

第3回市パートナー

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook