中原区版 掲載号:2021年8月27日号 エリアトップへ

県野球協会の会長として、区内から野球の普及に努める 潮田 智信さん 木月在住 68歳

掲載号:2021年8月27日号

  • LINE
  • hatena

真心込めて、ひた走る

 ○…社会人野球の大会運営のため、全国を奔走する。コロナ禍で昨年は無観客が続いたが、今年は観客を入れ秋の全国では応援団の導入も検討。熱気を取り戻しつつある状況に安堵するも「中止や出場辞退で悲しむ選手は見たくない」と、運営側として常に緊張感を抱く。課題はアマチュア人口の減少で、約60年前は全国200を超えた社会人チームも現在は半減。今夏、侍ジャパンの金メダルで野心を強め、「最高の競技だと再認識。プロ以外の層からも野球を盛り上げていきたい」と思いを込める。

 ○…小1で野球を始め、法政二高では1年生でレギュラーを獲得。社会人野球の三菱自動車川崎からプロを目指すも、21歳で試合中に鎖骨を折る大けが。半年後にグラウンドに復帰したが、肩は弱り握力は低下し、プロを断念。現在は指導者として母校をサポートする。「部員がうれしそうに成長を実感する姿に胸が熱くなる。みんなに夢を託した思いだね」

 ○…川崎市議会議員として6期24年、議長も務めた。元住吉駅の線路の両側のエスカレーター設置や、等々力球場の改築工事に尽力した。「川崎をより住みやすいまちに」、その一心でこまめに地域を歩き、市民の声に直接耳を傾けた。今では会食する機会も減り、「引退して10キロ痩せたよ」と爽やかに笑う。

 ○…同居する5歳と2歳の孫娘に「可愛くてたまらない」と頬を緩める。コロナ後の旅行を待ち望み、「グアムごっこ」と称して入国審査の予行演習をすることも。2人を野球の大会に連れていき、一緒に観戦することもあり、「興味を抱いたら、挑戦させてみたい。今の勢いに乗って、女子野球を盛り上げる存在になってくれたら」。期待を込め、優しい眼差しで見守る。

中原区版の人物風土記最新6

三堀 さき子さん

中原区子ども会連合会の最年長役員で、相談役を務める

三堀 さき子さん

小杉陣屋町在住 92歳

10月22日号

時田 正枝さん

木月こどもキッチンの代表で、「オズみんなの食堂」の運営に携わった 食を軸に出会い紡ぐ

時田 正枝さん

木月在住 55歳

10月8日号

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める 息子の笑顔のため、走る

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月1日号

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

市内在勤 45歳

9月24日号

田邉  靜江さん

中原区民生委員児童委員協議会の会長として、コロナ禍でも活動を続ける

田邉 靜江さん

新城中町在住 74歳

9月3日号

潮田 智信さん

県野球協会の会長として、区内から野球の普及に努める

潮田 智信さん

木月在住 68歳

8月27日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook