中原区版 掲載号:2022年1月14日号 エリアトップへ

市立川崎高サッカー部 「芝」がつないだ名将との縁 故・小嶺忠敏さん秘話

スポーツ

掲載号:2022年1月14日号

  • LINE
  • hatena
(上)記念写真に納まる当時の両チーム=小坂さん提供/小坂さん
(上)記念写真に納まる当時の両チーム=小坂さん提供/小坂さん

 高校サッカーの名将として知られた小嶺忠敏さん(長崎総合科学大学附属高校サッカー部監督)が1月7日、76歳で亡くなった。小嶺さんは2016年12月、同校が全国高等学校サッカー選手権大会に出場した際、市立川崎高校のグラウンドで直前練習を行っていた。

   ♢ ♢ ♢

 当時、川崎高校の教諭でサッカー部監督を務めていた小坂仁さん(45)によると、12月下旬の大会開催の数日前に突然、携帯電話に小嶺さんから「川崎高校のグラウンドを練習に使わせてもらいたい」と連絡があったという。

 小嶺さんは宿泊地の川崎区内で練習環境としてふさわしい人工芝のグラウンドを探し、地図アプリの航空写真で川崎高校を発見。高校サッカー指導者のネットワークを頼りに4、5人を介して小坂さんにたどり着いた。かつて長崎県立国見高校を戦後最多6度の全国制覇に導いた高校サッカー界のレジェンドからの連絡に、小坂さんは「電話越しなのに直立不動の姿勢になった。自分までたどりついたその執念がすごいと思った」と印象を語る。

 本番直前の2日間、グラウンドで指導する小嶺さんの姿を観察した小坂さん。恐れ多くて自分から話しかけることはできなかったという。「選手の課題にヒントを与えるのではなく、気付くまで見守る立ち姿にオーラを感じた。唯一無二の存在で、経験も違うし真似はできないが、指導者とは何かを考えるきっかけになった」と話す。

 練習の最後に川崎高校サッカー部との20分ハーフの調整試合を実施。長崎総科大附はレギュラーメンバーで臨み、一切手を抜くことはなかった。現在J2・水戸ホーリーホックに在籍する安藤瑞季選手と、その試合で接触プレーを経験した川崎OBの久保田泰智(たいち)さん(21)は、吹っ飛ばされ、「力の差を見せつけられた。サッカーに対する気持ちの持ち方など見習うことが多かった」と当時の思い出を語る。小坂さんは「勝負に一切の妥協なし。ほとばしる情熱というイメージだった。改めてご冥福をお祈りします」と語った。

中原区で宝を胸に

 小坂さんは富山県の水橋高校出身。中学生の時、同校と国見高校が全国大会で対戦するのを見て進学を決めたという。その頃から小嶺さんは雲の上の人で、指導者となってからは憧れの存在だった。

 小嶺さんと過ごした時間は2日間、10時間だったが、その後のサッカーへの取り組みに大きく影響したという。日本サッカー協会公認のS級ライセンス取得に向け勉強していた時、既にS級ライセンスを持っていた小嶺さんに電話でアドバイスを求めたところ、「しっかり指導を勉強してきなさい」と励まされた言葉は宝だ。

 現在は教職を辞し、サッカー指導者としての道を歩んでいる小坂さん。ちかく、中原区の少年サッカーの指導を皮切りに、川崎市内のサッカー選手育成に尽力していきたいと語った。

川崎市(住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金)

川崎市 住民税非課税世帯などに対する臨時特別給付金(10万円)の申請期限迫る!

https://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000136/136192/sinseikigen.pdf

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6

夏の平間銀座 3年ぶり活気

夏の平間銀座 3年ぶり活気 社会

サンバパレード盛況

8月19日号

子どもの絵を募集

手を洗おう会

子どもの絵を募集 文化

テーマは「繋げよう笑顔!」

8月19日号

子どもたちを元気に

子どもたちを元気に 経済

高津川さんがイベント

8月19日号

ドローンに興味津々

ドローンに興味津々 社会

福祉人材バンクが体験会

8月19日号

都会の風景切取る

上丸子八幡町井上さん

都会の風景切取る 文化

交流センターで写真展

8月19日号

「特別市」の必要性主張

3政令市長

「特別市」の必要性主張 社会

県の懸念に考え方示す

8月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook