川崎区・幸区版 掲載号:2011年11月4日号
  • googleplus
  • LINE

12月にプロデビューする高校4冠ボクサー 松本 亮さん 川崎区浅田出身 17歳

5年後は最強の王者に

 ○…インターハイや国体、選抜の舞台で全国の並居る強豪を倒し、高校4冠を達成。先月25日にはプロ転向を表明した。オリンピック出場や大学に進学して実績を積むことも考えたが「いち早くプロとして世界の舞台に立ちたかったので転向を決意した」。プロの世界では元世界チャンピオンの内藤大助選手などがしのぎを削るフライ級のリングに上がる。

 ○…小学校3年生の時、当時WBCバンタム級の王者だった辰吉丈一郎選手対ウィラポン選手の一戦をテレビで見て憧れた。元ボクサーの父親を説得し、当時の川崎区浅田の自宅から程近い地元のジムの門を叩いた。初めて行うシャドーボクシングやミット打ちなどは「楽しくすぐに虜になった」。小学6年生の頃には、更なるレベルアップを目指し、当時WBC世界スーパーフライ級王者の川嶋勝重選手などを輩出した大橋ジムに移籍。週6日、1日3〜4時間のトレーニングに励み、中学3年生の時にはU―15ボクシング大会で初めて全国優勝を果たした。これまでの戦績は56戦53勝(39KO)3敗。

 ○…現在は鶴見区に在住。横浜高校に通う。プロ転向表明後は、高校の友人や、かつて通っていた浅田小学校や京町中学校時代の地元の友人からも「頑張って」など多くの激励のメールをもらった。「温かい言葉がうれしかった。今年12月に予定しているプロデビュー戦では、絶対に勝ってまたみんなに勝利を報告したい」と意気込む。

 ○…夢は23歳までに世界チャンピオンを獲ること。「今はまだスタートラインに立っただけ。本当の戦いはこれからなので、トレーナーや会長の言葉を信じて、今まで以上にしっかり練習して実力をつけたい」。目標は、V10を達成した元WBCバンタム級王者長谷川穂積選手。「長年王者で居続けられるような誰もが認める強いチャンピオンになりたい」。最強の王者への道のりを今まさに歩み始めた。
 

川崎区・幸区版の人物風土記最新6件

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

3月16日号

小笠原由夫さん

海風の森をMAZUつくる会の代表を務める

小笠原由夫さん

3月9日号

文梨(ふみなし) 衛(まもる)さん

サックス奏者でかわさき産業親善大使に任命された

文梨(ふみなし) 衛(まもる)さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

大野 武一さん

JR川崎駅駅長を務める

大野 武一さん

2月16日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

2月9日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン30万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

トップアスリートが講師に

富士通スタ

トップアスリートが講師に

山の神トークショーも

3月31日~3月31日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク