川崎区・幸区版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

本町2丁目 町内神輿60年ぶり修復 あすから完成披露 山王祭にも参加

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena
修復された神輿とともに立つ関係者
修復された神輿とともに立つ関係者

 老朽化で長年担がれることのなかった本町2丁目(深瀬欣之助会長)の神輿が60年ぶりに修復された。あす26日(土)には同町内を練り歩き、約1週間の一般公開を行う。8月2日には川崎山王祭の連合渡御に参加する。

 同町内会が所有する神輿は1951年に神輿師・後藤直光氏が制作したもので台輪の大きさは1尺8寸(約65センチ)四方、台輪から屋根までの高さは180cm。胴まわりには神話を描いた彫り物が施され、様々な箇所で鋳物の金具が使われている。深瀬会長によると「担ぐとズシッとくる。彫り物のすばらしさは地域では評判」と胸を張る。8月の稲毛神社の山王祭の一環として行われる連合渡御で担がれてきたが、老朽化が進み、10年ほど前からは町内会館で展示されるのみとなってしまった。

 神輿の修復には高級外車1台分の費用がかかるが、町内会では「先人が伝統的ないいものを苦労して作った『文化財』。未来に残すためにも直そう」と決断。観音町在住の宮大工・菅野栄次郎さんに委ねた。菅野さんは約1年かけて修復した。

 新しくなった神輿を見た原巌副会長は「涙が出そうなくらい嬉しい」と笑みを見せた。今回、神輿修復の現場責任者である白熊康陽(しらくま やすはる)さんは「ここ10年自分たちの神輿を担げず、非常に肩身の狭い思いをしてきた。自慢の神輿を披露できる」と喜んだ。「神輿の修復が地域の輪を広げるきっかけにしたい」と深瀬会長は話す。

 神輿披露は26日。午前10時15分に町内会館を出発し、町内を練り歩く。その後、旧吹田屋で展示される。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

名物寄席、2年ぶり実施へ

幸落語研究会主催

名物寄席、2年ぶり実施へ 文化

プロアマ共演全7席

4月16日号

地域つなぐ種まきに

東田公園

地域つなぐ種まきに 社会

ヒマワリと紙芝居コラボ

4月16日号

親子カフェの灯消さない

幸区盛り上げ隊

親子カフェの灯消さない 社会

前オーナーの志を継承

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

インターアクト結成

市立川崎高校

インターアクト結成 教育

川崎RCがスポンサーに

4月2日号

コロナ対応に力点

川崎商議所新年度事業

コロナ対応に力点 経済

WEB上経営支援など10事業

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter