川崎区・幸区版 掲載号:2014年11月28日号 エリアトップへ

シャッター絵で消防団PR 臨港副団長がデザイン

社会

掲載号:2014年11月28日号

  • LINE
  • hatena
自らが考案したイラストの前に立つ山下さん
自らが考案したイラストの前に立つ山下さん

 川崎臨港消防団の第2分団器具置場(大師河原)のシャッターに11月16日、消防団の存在をPRするイラストがお目見えした。デザインは川中島で看板製作業を営む山下仁副団長(64)によるもの。消防団員の加入促進と、現役団員の意識向上などが目的。

 「このスペースを使って、団をPRできないものか」。15年ほど前、当時臨港消防団第1分団の団長を務めていた山下さんは「川崎臨港消防団第1分団器具置場」とだけ書かれたシャッターを眺めながら、そんな考えに耽っていた。看板製作を生業とする山下さんにとってそのスペースは、外部に知られる機会の少ない消防団の活動をアピールする格好のキャンバスに映っていたという。

 そんな思いが具体的に動き出したのは、昨年の夏。市内8消防団の団長会で、シャッターに絵や文字を入れ、団員を募集する案が話題になった。以前から構想を温めていた山下さんは、すぐさま図案を作成。今年3月に承認を得て、どの消防団よりも早く、シャッターへの描画を実現させた。

 イラストには、消防活動に欠かせない情熱と水を表す赤と青を印象的に使用。団員の象徴として、両目を見開き、指示を飛ばすキャラクターを中央に配した。

 川崎臨港消防団の団員数は125人(11月25日現在)。定数130に対し5人不足している。山下さんは「地域を守る頼もしい姿を表現した。入団を意識してもらうきっかけになれば」と期待している。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

ヘイトクライム対策要望

ヘイトクライム対策要望 社会

ふれあい館館長ら、古川法相に

5月13日号

100周年へ会員増に意欲

沖縄県人会金城会長

100周年へ会員増に意欲 文化

運動、ライブなど交流事業再開へ

5月13日号

新しい福祉拠点始動

川崎区桜本

新しい福祉拠点始動 社会

「みんなの家」 孤立、貧困対策

5月6日号

防災訓練、若手参加へ一手

幸区

防災訓練、若手参加へ一手 社会

親子向け宿泊体験

5月6日号

「未来体験空間に」

JFE扇島地区

「未来体験空間に」 社会

「災害拠点にも」市が中間報告 

4月29日号

政策コンテストで優勝

幸区在住榊原さんら

政策コンテストで優勝 社会

子どもの進路等、AI活用

4月29日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook