川崎区・幸区版 掲載号:2014年12月19日号 エリアトップへ

川崎区文化協会会長を務める 米山 実さん 米山ファッション・ビジネス専門学校校長 69歳

掲載号:2014年12月19日号

  • LINE
  • hatena

「文化は活気を漲らせるもの」

 ○…様々な歌や踊りの芸能大会や美術展の開催、雑誌『川崎評論』の発行などを通じ、地域の文化振興に取り組む川崎区文化協会の会長を務める。「文化は人間にとって大切なもの。食べる生活から離れ、精神的な張り合いや心に活気を出すもの」と意義を強調する。11月25日に東海道かわさき宿交流館で開いたコンサート『聴こう 語ろう 昭和初期の名曲』では「多くのお年寄りが詰めかけ、楽しそうにしている姿が印象的だった」と嬉しそうに振り返る。

 〇…文化協会には現在、日舞、長唄、絵画、俳句、華道、茶道など56の文化団体と104人の会員が所属。最近はダンスサークルの入会が多いという。モットーは「活動を通じて生きがいをみつけてもらいたい」。自身は書道団体『心雅書道会』を31年前から主宰。約20年前、新聞に文化協会の広告が掲載されていたのを目にし、入会した。川崎区で生まれ育ち、かつては学習塾を経営したこともあり、会員には顔見知りが多かったという。会長には3年前に就任し、今では年100日ほどを協会のスケジュールに費やす。

 〇…本業は南町にある「米山ファッション・ビジネス専門学校」校長。横浜国立大学を卒業後、民間会社での勤務を経て、同校に勤務。97年から校長を務める。創立82年の歴史ある学校だが、時代の流れの中で外国人留学生の受け入れも積極的に展開し、アパレル業界に多くの学生を繰り込む。留学生の数は今まで1200人にのぼるという。

 〇…歴史に造詣が深く、かつては考古学者を目指していた。自他ともに認める勉強好きで大学卒業後、京都大学や一橋大学で聴講生として学んだことも。多読家で取材の際には人文・社会科学系の本「5冊を同時に読んでいる」と語る。かばんには人間の生き方、考え方を的確につかんでいるという『論語』を常に忍ばせる。夫人、一男一女の4人家族。
 

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

小松原 徹さん

4月17日付けで川崎消防団団長に就任した

小松原 徹さん

川崎区旭町在住 73歳

5月14日号

小川 晶さん

第25代臨港消防署長を務める

小川 晶さん

横浜市在住 53歳

5月7日号

間宮 雄二郎さん

4月1日付で川崎消防署長に就任した

間宮 雄二郎さん

東京都大田区在住 58歳

4月30日号

荒川 徹朗さん

第60代川崎臨港警察署署長を務める

荒川 徹朗さん

川崎区富士見在住 58 歳

4月23日号

武内 康平さん

3月にボッチャ東京カップ2021で優勝した「川崎ボッチャーレ」メンバーの

武内 康平さん

幸区役所勤務 27歳

4月16日号

増田 宏之(あつし)さん

第21代川崎区長に就任した

増田 宏之(あつし)さん

東京都大田区在住 58歳

4月9日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter