川崎区・幸区版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

「ゾーン30」区内に広がり 速度制限エリア 3カ所に

社会

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena
「ゾーン30」を示す標識
「ゾーン30」を示す標識

 住宅地や学校などがある区域で歩行者の安全を確保することを目的に、道路だけではなくエリア単位で自動車の最高時速を30㌔に設定する「ゾーン30」。区内でも昨年から3つのエリアに設けられ、さらに広がりを見せつつある。

 「ゾーン30」は、警察庁が生活道路対策として2011年9月から開始した取り組み。通勤時間帯の道路混雑時等の抜け道利用防止や走行速度の抑制により、主に子どもや高齢者が安全に歩行できるよう、区域を設定する。16年度末までに全国で約3千カ所整備することを目標としており、県警では12年度に29カ所、13年度に61カ所の整備を実施。市内でも宮前区、多摩区、麻生区ですでに整備されている。

 川崎区では、14年11月に殿町1丁目、2丁目、3丁目にわたる約9・7haの区域に設定。続いて日進町中央公園を中心とした約8・6haの区域と、元木2丁目、渡田新町2丁目、3丁目にわたる約22・6haの区域に設定した。

 30Kmの速度制限とゾーンの入口を示す標識は、それぞれの区域の道路の入り口に設置。川崎警察署は今後、道路管理者や地域住民らと協議をはかりながら、路面へのペイント標示や速度抑制の環境づくりを進め、よりドライバーへのアピール度を高めていきたいとしている。

 設定にあたっては、川崎署、臨港署が区役所や該当区域の町内会等と相談し、効果的なエリアを絞った。川崎署交通課担当者は「広すぎても狭すぎても効果は出づらい。道路の形状なども含め、適した環境の区域を指定した」と話す。また、今後も効果的なエリアを選択し、関係者に働きかけを行いながら、エリアを増やしていきたいとしている。 臨港署管内では、15年度に409号線、産業道路、京急大師線に囲まれた江川1丁目、2丁目にわたるエリアでの設定を予定している。担当者は「409号線はトラックなどの大型車が多く通るので、抜け道対策としての効果を期待している」と話す。

 交通事故死傷者全体に対し、歩行中や自転車運転中の死傷者の占める割合が幹線道路よりも生活道路において高くなっていることにも鑑み、川崎署担当者は「交通弱者の方が安心して歩行できるよう、効果を見守っていきたい」と話す。
 

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

京急川崎駅前に広場案

京急川崎駅前に広場案 社会

市、整備の考え方示す

11月27日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月27日号

賀詞交換、紙上で

川崎区

賀詞交換、紙上で 文化

幸区は開催を断念

11月20日号

念願の県大会初V

大師中軟式野球部

念願の県大会初V スポーツ

来年3月 全国大会へ

11月13日号

臨海部活性へ投資促進策

臨海部活性へ投資促進策 社会

市が制度案公表

11月13日号

在籍者10年で1.5倍

市立小中特別支援学級

在籍者10年で1.5倍 教育

教員数の確保に課題

11月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク