川崎区・幸区版 掲載号:2015年11月20日号 エリアトップへ

プロ野球阪神タイガースからドラフト5位で指名を受けた 青柳 晃洋(こうよう)さん 川崎工科高校出身 21歳

掲載号:2015年11月20日号

  • LINE
  • hatena

信念で切り開いた野球道

 ○…181cm、80キロと恵まれた体格で下手投げ気味の変則なフォームから繰り出す多彩な球種と力強い直球が魅力だ。「プロの世界で活躍し子ども達に真似をしてもらえるようになりたい」と爽やかな笑顔の好青年。阪神からの指名には「嬉しい気持ちと驚きが半分半分。熱狂的なファンが多いというイメージなので応援されるよう頑張りたい」と胸を熱くする。

 ○…川崎工科高校時代は1年の秋からエース番号を背負い、3年時には春夏連続で県16強入りを果たした。「母子家庭で母に負担をかけたくなかったので高校卒業後はプロになって自立したいと思っていた」と全てを野球に注ぎ、プロからも注目されたがドラフトにはかからなかった。そんな時に実力を見抜いて特待生として迎えてくれたのが帝京大学。4年の秋には首都大学リーグ最多勝でベストナインにも選ばれた。「大学、監督には感謝しているし、推薦をもらった際に『可能性のある一人として認めてもらったんだから挑戦しなさい』と送り出してくれた母には感謝しかない。これからプロで活躍することが恩返し」と思いは強い。

 ○…本格的に野球を始めたのは小学5年時。友達に誘われ、それまで母の勧めで習っていたエレクトーンを辞めて地元のクラブに入った。「打つ・走る・守るが苦手で、好きだったのが投げる事だった」と投手を選んだ。中学の部活でも野球を続けるが3番手投手。「中学で野球は終わり」と挫折しかけたが、コーチに「磨けばプロになれる」と言われたことでプロを決意。その信念が道を開いた。

 ○…思い出の場所は平間の商店街。商店主らとの触れ合いが楽しみで高校卒業後もリーグ戦の報告などに顔を出しているという。「商店街の人たちが熱心で、高校時代は合宿の差し入れをもらったり大変お世話になった。早く阪神に決まったことを伝えにいきたい」。恩を知り、恩を力に変えることを続けていく。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

武内 康平さん

3月にボッチャ東京カップ2021で優勝した「川崎ボッチャーレ」メンバーの

武内 康平さん

幸区役所勤務 27歳

4月16日号

増田 宏之(あつし)さん

第21代川崎区長に就任した

増田 宏之(あつし)さん

東京都大田区在住 58歳

4月9日号

小林 雅代さん

平間中学校区地域教育会議主催の卒業記念花火大会実行委員長を務めた

小林 雅代さん

幸区古市場在住 37歳

4月2日号

植田 芳暁さん(本名:大串安広)

60年代のグループサウンズ人気を牽引した「ザ・ワイルドワンズ」のドラムスを務める

植田 芳暁さん(本名:大串安広)

県立川崎高校出身 73歳

3月26日号

片岡 一則さん

「体内病院」の研究リーダーを務める

片岡 一則さん

ナノ医療イノベーションセンター長 70歳

3月19日号

白石 裕子さん

発達障害のある子どもを持つ保護者で作る「星の子フレンズ」代表を務める

白石 裕子さん

川崎区大師本町在住 47歳

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter