川崎区・幸区版 掲載号:2016年10月14日号 エリアトップへ

オレンジリボン運動 川崎で虐待防止PRリレー 市内縦断「もっと広めたい」

社会

掲載号:2016年10月14日号

  • LINE
  • hatena

 児童虐待防止の願いを込めて、都県をつなぐ「オレンジリボンたすきリレー」に、今年から川崎市を縦断するコースが新設される。コースは市内の児童養護施設やその関連施設で、リレーを通して児童虐待防止をPRする。

 オレンジリボンたすきリレーは、児童虐待防止のシンボルであるオレンジ色のリボンをたすきにして、駅伝方式で思いをつなぐ啓発活動。個々の心を一つにすれば大きな力になることを証明するとともに、子どもへの虐待防止を広く呼びかける目的がある。同リレー実行委員会の主催で、厚生労働省、東京都、神奈川県ほか、各自治体や社会福祉協議会などが後援。今年で10回目を迎える。

 川崎コースが新設されたのは、第1回からたすきリレーに関わってきた総合児童福祉施設・白山愛児園の霜倉博文施設長が、「川崎にもコースを作りたい」と思ったのがきっかけ。毎年、たすきリレーに関わり、「コースの都合で川崎市はリレーに関わる時間が少ない。川崎でもっと児童虐待防止について広めたい」と、同じ思いの仲間らと5年ほど前から川崎コースの新設を働きかけてきた。昨年には準備委員会を発足。節目の第10回で念願が叶い、新設されることとなった。

 これまでのコースは、4つのスタート地点(渋谷駅、三浦市、鎌倉市、二宮町)から横浜の山下公園まで。新たに新設される川崎のコースは、麻生区の白山愛児園をスタートし、川崎市社会福祉協議会(中原区)、新日本学園(同)、川崎市こども家庭センター(幸区)などを経由し、ユースキン製薬(株)(川崎区)をめざす。ユースキン製薬(株)までつないだたすきは、渋谷駅をスタートしたタスキと合流し、山下公園までつなぐ。

キャンペーンも開催

 中継地点に近い武蔵中原駅、鹿島田駅とユースキン(株)ではリレーに合わせてPRキャンペーンも行われる。11月は児童虐待防止推進月間で、関連行事などとの相乗効果も狙う。本番を前に霜倉さんは「関係者みんなの願いが、10回目の記念の大会で実現できて嬉しく思う。これを機に多くの人にオレンジリボンの活動を知って頂ければ」と話す。

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

「子ども山車、譲ります」

旭町一丁目町内会

「子ども山車、譲ります」 文化

引手減り、保管も困難

10月22日号

アボカドで「市民一体に」

川崎F

アボカドで「市民一体に」 スポーツ

売り上げ一部 等々力整備に

10月22日号

LGBTQ、ダンスで表現

JDS出身ダンサー

LGBTQ、ダンスで表現 社会

「差別ない世界願う」

10月15日号

川崎区、フロンターレと協定

川崎区、フロンターレと協定 社会

まちづくりで連携

10月15日号

「消毒駅のご利用を」

尻手駅

「消毒駅のご利用を」 社会

若手職員が看板制作

10月8日号

地域連携で模擬患者養成

看護短大

地域連携で模擬患者養成 社会

リアルな授業を期待

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook