川崎区・幸区版 掲載号:2017年8月25日号 エリアトップへ

川崎市薬剤師会会長を務める 嶋 元(はじめ)さん 麻生区在住 64歳

掲載号:2017年8月25日号

  • LINE
  • hatena

何でも相談できる存在に

 ○…2013年4月から市薬剤師会会長を務め、今年6月23日から3期目に入った。約570の会員を取りまとめる。「薬局は調剤だけの仕事をする、今はそういう時代ではないと思う。もっと外に出ていかなければ」。おくすり手帳の普及に力を注ぎ、「特に災害時の避難所生活の際、一元的に服薬の管理ができるので必要。まだまだ行き渡っていないので、広めていきたい」と話す。薬物乱用防止活動にも力を入れ、学校薬剤師として子どもたちに啓発を行う。「特に若年層に怖さを知ってもらいたい」

 ○…柿生にあった母方の実家で生まれ、その後町田に住んでいたが、高校2年の時に引越し、再び柿生へ。子どもの頃は、麻生川の堰などあふれる自然の中で遊んでいたという。理数系が好きで「手に職をつけたい」と、日本大学工学部薬学科に進学。東京都監察医を見学する機会があり、人体が解剖される様子などを見た時、ショックを受けた。人の命の尊さに向き合っていかなければと思い、それは薬剤師の道へと改めてつながる一つのきっかけとなった。

 ○…大学卒業後、製薬メーカーに5年勤め、その後、「患者と直に向き合いたい」と1980年、柿生駅前で母親が経営していた化粧品店の近くに、「しま薬局」を立ち上げた。柿生の地域に根ざし、創業37年。長男も「しま薬局」に勤め3年目となった。期待の裏返しか、「薬を通してしか患者さんと接していない。まだまだだね」と優しい笑みを浮かべる。

 ○…全国的な地域包括ケアの推進もあり、「これからは、在宅患者に対する薬剤管理も積極的に行っていきたい」と語る。「今求められている『かかりつけ薬局』は、調剤が仕事のメインとなる前、われわれが薬剤師を始めた頃のしっかりと患者さんと接していたかたちの方が近いと思う。患者や市民の為に何ができるかを考え、何でも相談できる存在になっていきたい。薬剤師はそうあるべきだよ」

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

藤原 優子さん

香辛子レシピコンテストで最優秀賞を受賞した

藤原 優子さん

川崎区小田在住 36歳

9月24日号

向坂(さぎさか) 光浩さん

川崎アゼリアの代表取締役社長を務める

向坂(さぎさか) 光浩さん

多摩区在住 60歳

9月17日号

蛯原 帆奈海さん

若者の地域活動を支援する市民団体「川崎ワカモノLab」の共同代表を務める

蛯原 帆奈海さん

幸区南加瀬在住 22歳

9月10日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーを務める

小倉 正さん

横浜市中区在勤 77歳

9月3日号

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

川崎パシフィック法律事務所代表弁護士 44歳

8月27日号

堀田 彰恵さん

公益社団法人川崎市看護協会の会長に就任した

堀田 彰恵さん

中原区在勤 60歳

8月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook