川崎区・幸区版 掲載号:2018年3月2日号 エリアトップへ

サックス奏者でかわさき産業親善大使に任命された 文梨(ふみなし) 衛(まもる)さん 川崎区追分町在住 25歳

掲載号:2018年3月2日号

  • LINE
  • hatena

ひたすらに進む音楽道 

 ○…「人から発せられるエネルギーを感じるからライブは感動するんです」。川崎駅前の路上ライブからスタートし、「いさご通り街角ミュージック」など、地元川崎を大切に活動。このほどその姿勢が評価され、川崎商工会議所が任命する「かわさき産業親善大使」に選ばれた。「川崎が大好き。地元愛が受け入れられ、そのうえ地元に応援されている感じがして嬉しかった」と任命の喜びを語った。

 ○…3歳の時、4歳年上の兄の影響で音楽教室に通い、エレクトーンを習う。川崎市立富士見中学で吹奏楽部に入った頃、ジェームス・ブラウンのバックで演奏するメイシオ・パーカーに魅了され、サックスを始めた。「話すようにも、歌うようにも、優しく、時には激しく、どんな表現も出来る」サックスの虜になった。中・高と吹奏楽部でクラシック・オーケストラに触れ、東海大学教養学部芸術学科音楽学課程に進んだ。

 ○…大学1年の冬、川崎駅前の路上ライブで、いさご通り商店街の理事長の目に留まり、いさご通り街角ミュージックにも出演するようになった。路上ライブをしている時、バラードを聴き、顔が和らいでいくお客さんを見て、「心を動かすことが出来る音楽って素晴らしい」と感じ、「世の中を動かしている人たちの力になりたい」と強く思った。

 ○…音楽で食べていくために、ポップス、ファンク、ジャズなど、クラシック以外の音楽を勉強し始めたのもこの頃。周りが就職活動をするようになっても、ひたすら練習に励み、音楽の道で生きることに微塵の迷いもなかった。現在はソロ活動に加え「Full Means」というバンドで川崎、横浜、渋谷を中心にイベント、ライブハウス、ジャズクラブなどのステージに立つ。親善大使に任命されたことで、地元での仕事の依頼も増えた。「今年中にソロでのCDを出して知名度を上げ、川崎の外での仕事を増やし、川崎の更なるPRをしたい」

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

高田 健二さん

全日本ベテランテニス選手権の男子85歳以上ダブルスの部で優勝した

高田 健二さん

幸区神明町在住 85歳

10月15日号

中村 博基(ひろもと)さん

大師稲荷神社の宮司に就任した

中村 博基(ひろもと)さん

川崎区中瀬在住 41歳

10月8日号

藤原 優子さん

香辛子レシピコンテストで最優秀賞を受賞した

藤原 優子さん

川崎区小田在住 36歳

9月24日号

向坂(さぎさか) 光浩さん

川崎アゼリアの代表取締役社長を務める

向坂(さぎさか) 光浩さん

多摩区在住 60歳

9月17日号

蛯原 帆奈海さん

若者の地域活動を支援する市民団体「川崎ワカモノLab」の共同代表を務める

蛯原 帆奈海さん

幸区南加瀬在住 22歳

9月10日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーを務める

小倉 正さん

横浜市中区在勤 77歳

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook