川崎区・幸区版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

臨港バス 定期券完全IC化で値下げ 紙式は廃止

社会

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena
カード読み取り部にしっかりタッチを
カード読み取り部にしっかりタッチを

 川崎鶴見臨港バス(田中伸介取締役社長)は18日から、一般路線全線で利用できる定期券(通勤・通学・小児)の発売価格を引き下げる。同時に紙式定期券を廃止し、PASMO、Suicaに定期券情報を記録したICカード定期券に統一する。18日以降も、現在利用中の定期券は有効期間内は利用できる。

 臨港バス全線の通勤定期6カ月5万1950円だったものが、4万9680円になるなど、4・4%から10%の値下げとなる。

 これまで同社全線定期券は8年前からICカード化されていたが、川崎市内全線定期券、横浜市内ゾーン定期券は紙式のみだった。高まるICカード化への要望に応え、なおかつ値下げをすることで定期券購入のメリットを高め、同社のバス利用者を増やしたい考えだ。

 同社によれば、1年間有効の通学定期券は高額のうえ紙式のため再発行が不可能だった。そのため再発行可能なICカード化への要望が特に高かったという。

 現在ICカードの使い方についての質問が多く寄せられており、紙式定期から変更となる人への更なるPRが必要だ。

 担当者は「定期券の再発行が出来るようになりました。また1枚のICカードにバス・電車の定期券が入りますので、これからはICカード1枚でどこへでも行けるようになります」とIC化のメリットを訴え、利用を呼び掛ける。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

住宅地、回復傾向に

川崎区・幸区基準地価

住宅地、回復傾向に 社会

ともに1%超 上昇

10月15日号

地域団体 展示で紹介

地域団体 展示で紹介 文化

29日、30日 プラザ祭り

10月15日号

「言葉・書」自分らしさ表現

秋水書道会

「言葉・書」自分らしさ表現 文化

ミューザ川崎で書展

10月15日号

3選手に市特別賞

富士通レッドウェーブ

3選手に市特別賞 スポーツ

バスケ史上初の「銀」で

10月15日号

公共施設に生理用品

川崎市

公共施設に生理用品 経済

民間が協力、個室で提供

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook