川崎区・幸区版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

川崎駅前仲見世通 カメラ効果で客引き減 近隣商店街からも注目

社会

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena
「悪質な客引きは許さない」と西尾理事長
「悪質な客引きは許さない」と西尾理事長

 川崎駅前仲見世通商店街振興組合(西尾猛理事長)が長年の課題である悪質な客引き行為に対し、防犯カメラを使ったライブでの取り締まりを行い、一定の効果を上げている。

 仲見世商店街は昨年7月、防犯カメラを500万円の予算をかけて一新した。長さ約450メートルの商店街内に、これまでの9台から16台に増やし、より鮮明に映るカメラにしたことで客引き行為をしている人物をはっきり識別できるようになった。

 商店街事務局のモニターで順次カメラを切り替えながら、客引き行為が行われていないかのチェックを行っている。

 営業中の他の店舗前での営業妨害となる客引き行為を確認すると、リアルタイムに放送で場所、男女の別、服装、時には店名を指摘し個人を特定したうえで、「川崎市客引行為等の防止に関する条例」に違反しており、やめない場合は警察に通報すると注意喚起する。

 注意された客引きは明らかに自分が見られていることを認識するため、その場を離れるという。新カメラ導入1年でライブで放送をする午後6時から10時にかけては、悪質な客引きはほとんどいなくなったという。

 近隣商店街からは客引き行為に関してなかなか効果的な手が打てない中、効果を上げる同商店街に対して「頑張ってほしい」と期待の声も聞かれる。

ソフト面の課題も

 一定の効果があるとはいえ、カメラでの取り締まりにはライブ時間外など、限界があることも否めず、実際のパトロールの強化は喫緊の課題だ。

 2016年に「客引き防止条例」が施行され、行政のパトロールにより客引きの減少はみられた。しかし人数が少ない関係で1カ所にとどまることが出来ず、移動をすると、また客引きが現れるといういたちごっこも続く。

 商店街からも人をだし、行政と一緒に動くなど、パトロールの仕方も再考が必要とし、仲見世商店街はそのために予算をとることも考えるという。

 西尾理事長は「悪質な客引きを一掃することで、川崎は安全・安心な街だというイメージにしたい。我々の取り組みが刺激になって他の商店街にも波及していけばいいと思う。仲見世商店街としては外来者が有意義で楽しい時間を過ごせる商店街になるようにしていきたい」と展望を語った。
 

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

ミニカー撮影、ごみ背景に

川崎区浅田神領さん

ミニカー撮影、ごみ背景に 社会

ポイ捨て防止呼びかけ

6月24日号

富士通スタを「青く」

川崎F

富士通スタを「青く」 スポーツ

U-18最高峰の大会で

6月24日号

ハワイ文化でエコ伝える

幸区ゆかりの姉妹

ハワイ文化でエコ伝える 社会

7月2日、殿町でイベント

6月17日号

相談・通告5年で倍に

川崎市内児童虐待

相談・通告5年で倍に 教育

5832件、増加率は低下

6月17日号

観光研究会を発足

川崎商議所

観光研究会を発足 経済

市制100年、インバウンド見据え

6月10日号

「理想の幸」綴り披露

一日区長

「理想の幸」綴り披露 社会

50周年事業、区「実現へ」

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook