川崎区・幸区版 掲載号:2018年8月31日号 エリアトップへ

川崎から若者文化を発信 市が基本方針素案

社会

掲載号:2018年8月31日号

  • LINE
  • hatena
大師河原公園スケートボードパーク
大師河原公園スケートボードパーク

 川崎市は、ヒップホップをはじめとした「ストリートカルチャー」やBMX、スケートボードなどの「エクストリームスポーツ」といった若者文化を生かしたまちづくりを進める。今月23日には基本方針の素案(たたき台)を示し、市民意見を受け付けている。

ヒップホップ、BMXなど

 市によると、愛好者人口は定かでないとしつつも「ストリートカルチャー」や「エクストリームスポーツ」が市内で盛んに行われているという。ストリートカルチャーでは「世界トップクラスのダンサーが武蔵溝ノ口駅前で日々練習を重ね、新たなコミュニティーが形成され、「聖地」となっている。

 2020年の東京五輪には、スケートボード(ストリート・パーク)が競技種目として追加され、BMXが正式種目として採用。こうした追い風を背景に、市では「若者文化を発信するまちづくり」を進める。若者文化に着目したまちづくりは「市史上初の取り組み」と市は説明する。

 素案では、大師河原公園スケートボードパーク(川崎区)のような施設の整備を既存の公有地で検討。子どもや初心者からトップ選手まで楽しんだり練習に励むことができるとしている。競技大会開催の際には、後援や協力、費用負担なども行い、ネットワークやコミュニティーづくりの支援を行う。

 パブリックコメントは9月26日まで受け付け。意見集約した上で、今年度中に基本計画を策定していく。

 素案は市ホームページ、各区役所や支所、市民館、図書館などで閲覧できる。意見はファクスやメールなどで受け付けている。問い合わせは、同市(【電話】044・200・2347)。
 

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

桜本で恒例「日本のまつり」

あさって17日

桜本で恒例「日本のまつり」 社会

商店街で多彩な催し

11月15日号

川崎F(フロンターレ)に運営権

生田浄水場新スポーツ拠点

川崎F(フロンターレ)に運営権 スポーツ

市が整備計画、22年完成へ

11月15日号

アンプティ盛り上げたい

川崎Fサポ 故石渡さん

アンプティ盛り上げたい スポーツ

サッカー協会、賞創設

11月8日号

水没品 市費修復へ

川崎市市民ミュージアム

水没品 市費修復へ 文化

9万点は保険補償外

11月8日号

賞金で市内被災地支援

川崎F

賞金で市内被災地支援 スポーツ

ルヴァン杯優勝 心一つに

11月1日号

フィリピン大学生奮闘中

フィリピン大学生奮闘中 社会

外国人介護人材を活用

11月1日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク