川崎区・幸区版 掲載号:2018年10月5日号 エリアトップへ

小中生視野にまちゼミ 大師地区で10月9日から

社会

掲載号:2018年10月5日号

  • LINE
  • hatena
開催を告知するポスター
開催を告知するポスター

 市民団体「川崎大師まちゼミの会」(星川孝宜代表)は第7回目のまちゼミを10月9日(火)から11月10日(土)まで開催する。初日は市立学校が一斉に休みとなる「かわさき家庭と地域の日」でもあり、小、中学生が気軽に参加できる講座を多数用意。参加を呼び掛けている。

 まちゼミは、商店街活性化策の一つとして、全国様々な地域で取り組まれている。商店主や関係者が講師となり、プロならではの専門的な知識や情報、コツを無料で受講生である市民に伝える。大師地区では2015年から実施し、今回で7回目となる。

 1回あたりの開催時間は1時間から1時間半、人数は10人以内で行われる。まちゼミを通じて商店主、地域住民ともに顔の見える信頼関係を築くことができ、商店主にとっては自身の店のファンの拡大にもつながる。

 今年は11店舗が参加し、12講座を11月10日(土)まで開講する。

 初日の9日は「かわさき家庭と地域の日」にあたることから「家庭と地域に受け入れられるような子ども向けのプログラムを用意した」と星川代表は語る。学習塾では「日本の地理の不思議と各地方の特産物」「みんなでスッキリ!!頭を動かすパズルと算数」と銘打った講座を実施。金融機関ではプロが教えるお札の数え方を開催し、インバウンドに関わる会社は「大師で外国人をおもてなし」と題した講座を開く。このほかにも日常に活きる書道、来年のスケジュール帳作り、大師古民謡の話とともにプロが教える肉の選び方を学ぶことができる。

 申し込み受付は、きょう5日から参加する店舗で実施。参加店舗と連絡先、講座内容、開催日時は、フェイスブック「川崎大師まちゼミの会」などで紹介する。

 問い合わせは、星川さん(【携帯電話】080・3605・2747)。

星川孝宜代表
星川孝宜代表

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

ミニカー撮影、ごみ背景に

川崎区浅田神領さん

ミニカー撮影、ごみ背景に 社会

ポイ捨て防止呼びかけ

6月24日号

富士通スタを「青く」

川崎F

富士通スタを「青く」 スポーツ

U-18最高峰の大会で

6月24日号

ハワイ文化でエコ伝える

幸区ゆかりの姉妹

ハワイ文化でエコ伝える 社会

7月2日、殿町でイベント

6月17日号

相談・通告5年で倍に

川崎市内児童虐待

相談・通告5年で倍に 教育

5832件、増加率は低下

6月17日号

観光研究会を発足

川崎商議所

観光研究会を発足 経済

市制100年、インバウンド見据え

6月10日号

「理想の幸」綴り披露

一日区長

「理想の幸」綴り披露 社会

50周年事業、区「実現へ」

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook