川崎区・幸区版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

海上保安庁川崎海上保安署の署長を務める 溝口 直樹さん 横浜市戸塚区在住 51歳

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena

海に生きる正義の男

 ○…海の警察であり消防でもある海上保安庁川崎海上保安署の署長として21人の署員をけん引する。川崎区千鳥町の保安署を拠点に、海での犯罪の取り締まり、海難事故の救助、船の交通整理などで川崎の海を見守る。GWを目前に控え、潮干狩りや釣りなどで海に出かける機会も増えるなか、「海で何かあれば118番へ」と海での事故0を目指し、注意を呼びかける。

 ○…海上保安庁を目指したのは高校時代。乗り物が好きで、日本を囲み、世界につながる海をフィールドに仕事をしたいと思い、そのうえで人の役に立てる仕事、その全てを満たすのが海保だった。高校卒業後、海上保安大学に進学。乗船実習での約3カ月間にわたる日本―アメリカ往復や、ヨット部の活動などが思い出深い。「実習でハワイやアメリカの港に入港した時には日本と海で繋がっているんだなと実感した」と振り返る。

 ○…1987年入庁以来、海上勤務、事務方としての陸上勤務、東南アジア方面への派遣など10カ所以上で仕事をしてきた。数ある事案の中で印象に残るのは、2004年に富山県で台風の影響で座礁した海王丸の救助活動。「船体と防波堤にロープを渡し、頭から波をかぶりながら一人ひとり救助した」危険な任務だった。自身の経験から部下には常に大きな事案を想定して備えておくことが大事だと伝えている。

 ○…昨年、川崎に赴任してきて、祭りやイベントが活発で魅力的な町だと感じている。さらに「市民の方は川崎に海があるというイメージがあまりないようですが、川崎港は実は日本経済を支えるすごい港なんです。あまり知られていないですけど市民にとって誇れることなんですよ」と熱く語った。川崎の安全・安心を守ると同時に、PRにも力を込める。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

菊池 厚志さん

個人飲食店支援のクラウドファンディングプロジェクトリーダーを務める

菊池 厚志さん

幸区戸手本町在住 30歳

5月29日号

金田 文典さん

幸区に5月18日開業する「ホテルメトロポリタン 川崎」の総支配人を務める 挑戦恐れぬ開拓精神

金田 文典さん

大和市在住 51歳

5月15日号

杉山 哲男さん

今月付で川崎消防署長として就任した

杉山 哲男さん

中原区在住 54歳

4月24日号

三田 純子さん

川崎市を中心に活動するフルートアンサンブル「Fantasy Flute」の代表を務める

三田 純子さん

幸区在住 54歳

4月10日号

緑川 愛(あいら)さん

発達障害への偏見を無くそうと、執筆や啓発イベントを行うプロボクサー

緑川 愛(あいら)さん

神奈川渥美ジム(川崎区)所属 36歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク