川崎区・幸区版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

海上保安庁川崎海上保安署の署長を務める 溝口 直樹さん 横浜市戸塚区在住 51歳

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena

海に生きる正義の男

 ○…海の警察であり消防でもある海上保安庁川崎海上保安署の署長として21人の署員をけん引する。川崎区千鳥町の保安署を拠点に、海での犯罪の取り締まり、海難事故の救助、船の交通整理などで川崎の海を見守る。GWを目前に控え、潮干狩りや釣りなどで海に出かける機会も増えるなか、「海で何かあれば118番へ」と海での事故0を目指し、注意を呼びかける。

 ○…海上保安庁を目指したのは高校時代。乗り物が好きで、日本を囲み、世界につながる海をフィールドに仕事をしたいと思い、そのうえで人の役に立てる仕事、その全てを満たすのが海保だった。高校卒業後、海上保安大学に進学。乗船実習での約3カ月間にわたる日本―アメリカ往復や、ヨット部の活動などが思い出深い。「実習でハワイやアメリカの港に入港した時には日本と海で繋がっているんだなと実感した」と振り返る。

 ○…1987年入庁以来、海上勤務、事務方としての陸上勤務、東南アジア方面への派遣など10カ所以上で仕事をしてきた。数ある事案の中で印象に残るのは、2004年に富山県で台風の影響で座礁した海王丸の救助活動。「船体と防波堤にロープを渡し、頭から波をかぶりながら一人ひとり救助した」危険な任務だった。自身の経験から部下には常に大きな事案を想定して備えておくことが大事だと伝えている。

 ○…昨年、川崎に赴任してきて、祭りやイベントが活発で魅力的な町だと感じている。さらに「市民の方は川崎に海があるというイメージがあまりないようですが、川崎港は実は日本経済を支えるすごい港なんです。あまり知られていないですけど市民にとって誇れることなんですよ」と熱く語った。川崎の安全・安心を守ると同時に、PRにも力を込める。

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

金内 一美さん

7月2日に、ハワイアンイベントを姉とともに開催する

金内 一美さん

幸区小向仲野町在住 50歳

7月1日号

吉澤 慶太さん

川崎銀柳街商業協同組合の理事長に就任した

吉澤 慶太さん

幸区堀川町在住 57歳

6月24日号

吉田 優輝さん

全日本フルコンタクト空手道選手権大会女子中量級で優勝した

吉田 優輝さん

新極真会川崎東湘南支部川崎道場所属 18歳

6月17日号

立石 有香莉さん

クッション型トランポリンを開発して起業。幸区盛り上げ隊にも参加する

立石 有香莉さん

幸区中幸町在勤 27歳

6月10日号

米澤 奈緒さん

川崎区盛り上げ隊の隊長を務める

米澤 奈緒さん

川崎区出来野在住 41歳

6月3日号

八木 美智子さん

第57回神奈川県看護賞を受賞した

八木 美智子さん

川崎区藤崎在住 60歳

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook