川崎区・幸区版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

日本コロムビア 川崎ゆかりの歴史品寄贈 蓄音器など港町に展示

文化

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
無ラッパ型蓄音器「ユーホン1号」
無ラッパ型蓄音器「ユーホン1号」

 日本コロムビア株式会社(東京都港区・阿部三代松(みよまつ)代表取締役社長)は11日、川崎区港町にあるマンションの管理組合に、同社のレコードの歴史に関する品々を寄贈した。寄贈品は、マンション「リヴァリエ」に設けられた展示場で誰でも見学できる。

 寄贈したのは、1911年に発売された無ラッパ型蓄音器「ユーホン1号」、09年から62年まで同社川崎工場で製造していたSPレコード「子猿の酒買ひ/こそこそ話」など計6点。国産初のSP・LPレコードや、世界トップモデルとなったCDプレーヤーなど、どれも日本の音楽産業に影響を与えた貴重な品々だ。

 リヴァリエが建つのは日本コロムビアの川崎工場の跡地で、港町は日本初のレコードが製造された「レコード発祥の地」として知られる。マンションの管理組合は3年ほど前から同社の協力を得て、マンション1階のカフェギャラリーで蓄音器、ラジオ、テレビなど様々な産業品を展示してきた。今回寄贈した品々は「かわさき産業ミュージアム」(川崎区全域を展示場に見立て、同区の産業の歴史を見学できる場)に登録されることになった。

 ギャラリーの広さは約85平方メートル。寄贈品とともに解説パネルが飾られ、戦前から80年代頃までのレコードやCDの歴史を垣間見ることができる。照明には、美空ひばりさんがレコーディングに使用していた「コロムビア第1スタジオ(通称:ひばりスタジオ)」から移設した実物のシャンデリアを使用している。

 同マンションで行われた寄贈式では、日本コロムビアの滝田洋執行役員が「展示を見て、当時の音楽史や文化に思いを馳せてもらえたら」と挨拶。マンション管理組合の中野知之理事長は「川崎に音楽文化が根付いていたことを感じられる、貴重な品々。末永く大事にしたい」と語った。

 同マンションの住民は「地元が音楽にゆかりある地と実感でき、展示に愛着が沸いた」と話した。 ギャラリーは、平日午前9時から午後5時まで。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

洋式化、22年度完了へ

市立学校全トイレ

洋式化、22年度完了へ 教育

市、大島小・南河原中など着工

6月14日号

「実効性ある条例を」

反ヘイト市民団体

「実効性ある条例を」 社会

市議会議長に意見書提出

6月14日号

制定19年、認知低く

市子どもの権利条例

制定19年、認知低く 社会

委員会 支援充実へ提言

6月7日号

両支所建て替え案浮上

大師田島

両支所建て替え案浮上 社会

市「窓口体制整備とともに」

6月7日号

入居募集 年4回に拡充

川崎市営住宅

入居募集 年4回に拡充 社会

市、「空き部屋」活用へ本腰

5月31日号

市民の歌オルゴールに

新川通大西さん

市民の歌オルゴールに 社会

夫婦の一言から製品化

5月31日号

人口、政令市6位に

川崎市

人口、政令市6位に 社会

152万6千人超え、神戸市抜く

5月24日号

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク