川崎区・幸区版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

プロが教えるデジカメ 一眼講座 今がシャッターチャンス 第8回構図〜日の丸構図からの脱却〜

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena

 カメラのファインダーを覗くと中央にピントをあわせるフレームがあります。ここに撮りたい主体を合わせたままシャッターを押してしまう人がほとんどのことでしょう。

結果どうなるとおもいますか?

 そう、撮った写真全部が日の丸構図といって主体が中央に集まった写真になります。

 言い換えれば、全てが同じつまらない写真になってしまうのです。

 みなさん、どうですか?歴史的な絵画や写真に日の丸構図ってありますか?

 実はほとんどありません。良い写真は構図がすばらしい。それには日の丸構図から脱却することです。

 もうひとつ、なぜ日の丸になってしまうかというと人間の脳に関係があります。脳は自分が重要だと思うものしか見えないからです。例えば私の例で言うと一人目の子どもの時、やたら写真を撮りました。

もう可愛くて可愛くて日々夢中なんですね。

 もう背景なんてどうでもいい。ただ、子どもが笑った、泣いた、歩いたでバシバシシャッターを切るだけ。

 わが子に夢中で、背景がどんな状況かは二の次でどうでも良くなってしまうのです。これは脳の構造上どうしようもありません。

 結果、中央にわが子を入れてしまう構図になります。親はそれで良いと思うのですが、出来れば、客観的に観てもやはりよい写真であったほうが良いのではないでしょうか。

 では、どうすれば背景を気にかけるように出来るのか?

 答えは、強制的に日の丸構図を排除すれば良いのです。毎回、被写体を中央からどかして右や左や上や下に持っていけば良いのです。

 今日から日の丸禁止です(笑)。脳に一旦休んでもらって強制的に主体を中心から外してしまうことに慣れましょう。

(C)2019 H.Inatsugu /Cookie Nuts Studio

http://cookie-nuts.com/本紙に掲載されている写真・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止させていただきます。
 

9月5日不動産フェア2019

宅建チャリティ寄席@エポック中原

http://www.kawasaki-naka.jp/

<PR>

川崎区・幸区版のコラム最新6

九ちゃん通信

川崎競輪場 魅力紹介コーナー

九ちゃん通信

11月1日号

今がシャッターチャンス

プロが教えるデジカメ 一眼講座

今がシャッターチャンス

第10回構図〜左右を真っ二つにしない〜

10月25日号

九ちゃん通信

川崎競輪場 魅力紹介コーナー

九ちゃん通信

9月27日号

九ちゃん通信

川崎競輪場 魅力紹介コーナー

九ちゃん通信

8月30日号

今がシャッターチャンス

プロが教えるデジカメ 一眼講座

今がシャッターチャンス

第9回構図〜水平を真っ二つにしない〜

8月30日号

九ちゃん通信

川崎競輪場 魅力紹介コーナー

九ちゃん通信

7月26日号

九ちゃん通信

川崎競輪場 魅力紹介コーナー

九ちゃん通信

6月14日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク