川崎区・幸区版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

NHKみんなのうた「変顔体操」を歌う ヨシザワ コウタさん(本名 吉澤 康太) 幸区小倉在住 36歳

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena

歌の力でみんなを笑顔に

 ○…「子どもの頃に見ていた番組で、自分が歌っている曲が流れていることがいまだに信じられない」。みんなのうた「変顔体操」がNHK総合テレビ・Eテレ他で連日放送中だ。これをきっかけに「川崎から日本中に発信できるアーティストになりたい」と意気込む。

 ○…8歳から高校卒業までサッカーづけの青春時代だった。大学入学後、母校の合唱コンクールを見に行った時、音楽科の先生に自身が主催するアカペラサークルに誘われたことで、歌への道が開かれた。20歳の時、故亀渕友香さんのゴスペルグループVOJAのスクールに通い、21歳でオーディションに合格し、正式メンバーに。亀渕さんのステージを見て、歌声だけで人を感動させられると感じた衝撃はいまだに忘れられないという。

 ○…生まれも育ちも幸区南加瀬の生粋の川崎っ子。幼少の頃から中学くらいまで、母親の趣味の和太鼓や民舞のサークルに一緒に通っていたことでリズム感が養われたのではという。サッカーはずっと趣味で続けているが、最近は足首に負担がかかりにくいビーチサッカーを始めた。

 ○…2013年にはStarLights(スターライツ)というボーカルグループを結成。「歌うことは笑うこと」をモットーに年間80から100のステージをこなす。グループの自主ライブ、学校の芸術鑑賞会、特別支援学校への訪問ライブ、企業イベント、地域の夏祭りなど幅広い。今年も8月24日に地元小倉神社の夏祭りに出演する。依頼があれば地元幼稚園のお誕生日会でも歌うほどの川崎好きだ。地元での活動を増やし、「音楽のまち・かわさき」を支える一人になりたいという。今の夢はと尋ねると、「等々力陸上競技場で変顔のコラボをしたいですね」と元サッカー少年の顔をのぞかせた。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

友川 カズキさん

「異形のアーティスト」として活躍する

友川 カズキさん

(本名 及位(のぞき)典司(てんじ))幸区都町在住 69歳

7月19日号

喜楽亭 笑吉さん(本名:依田 耕一)

東海道かわさき宿交流館で寄席をひらく社会人落語家の

喜楽亭 笑吉さん(本名:依田 耕一)

川崎区役所職員 47歳

7月12日号

野村 龍太さん

キングスカイフロントネットワーク協議会会長を務める

野村 龍太さん

目黒区在住 65歳

7月5日号

高安 千穂さん

川崎市内でケアについての勉強会を開催する

高安 千穂さん

幸区北加瀬在住 39歳

6月14日号

奥貫 賢太郎さん

「ほしぞらディスコ」を主催した大師ONE博実行委員会のリーダー

奥貫 賢太郎さん

川崎区大師町在住 31歳

6月7日号

志田 千代子さん

第54回神奈川県看護賞を受賞した

志田 千代子さん

川崎区元木在住 59歳

5月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク