川崎区・幸区版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

キングスカイフロントネットワーク協議会会長を務める 野村 龍太さん 目黒区在住 65歳

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena

感性大事に前へ進む

 ○…川崎区殿町にある世界最先端の研究開発拠点「キングスカイフロント」にある約70の研究機関などでつくるキングスカイフロントネットワーク協議会。気さくでおおらかな人柄に加え、厚い人望で会を束ねる。理論で物事を考える研究者が多い組織の中で「僕は感性で生きている。理屈で全てうまくいくわけじゃないので、研究所の中にこんな人がひとりいてもいいんじゃない」と笑う。

 ○…本職は(公財)実験動物中央研究所(実中研)の理事長。実中研は父親が始めた動物実験を基本に医療・医学に貢献する研究事業。子どもの頃は自宅の庭に研究所があり、ネズミのにおいが臭く、「絶対に後を継がないと思っていた」。大学卒業後、三井物産に入社。長く医療・医薬関連の仕事をするなか、バイオ関係の責任者時代に、実中研と仕事をする機会があった。その時、実中研が知財の宝庫だと気がつき、これをビジネスにしたいと考え、27年勤めた会社を辞め、父親に頭を下げて入所した。「三井物産時代の仕事は実中研での仕事のための勉強になっていた」と振り返る。キングスカイフロントへの移転時には借金を25億円抱え辛い時期だったが経営者として「辛い時こそ笑うこと」を大事にし、乗り越えた。

 ○…小学生から高校生まで京急電鉄の運転手になることが夢だった。慶応義塾中高時代は剣道一筋。高3の時は団体戦で国体に出場。とにかく厳しい師範で「最後までやり通す精神」を学んだという。

 ○…8月1日には地域貢献の一環で今年で7回目となる「夏の科学イベント」を開催。実行委員長として「子どもたちが科学の素晴らしさを知り、夢を持って将来ノーベル賞を目指すような科学者が生まれてくれれば」と願いを込めた。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

石塚 昌夫さん

交通遺児チャリティー「つくし会」の代表を務める

石塚 昌夫さん

幸区南加瀬在住 60歳

11月8日号

小林 美由起さん

性同一性障害の実子のドキュメンタリー映画作品の広報を担当する

小林 美由起さん

中原区出身 58歳

11月1日号

山田 隆さん

川崎臨港警察署長として陣頭指揮を執る

山田 隆さん

川崎区富士見在住 57歳

10月25日号

永田 行雄(ぎょうゆう)さん

日蓮宗 了源寺の住職に就任した

永田 行雄(ぎょうゆう)さん

幸区北加瀬在住 49歳

10月18日号

吉原 崇徳さん

川崎区・幸区で小学生の学習サポートを行う「つばき学習会」の代表を務める

吉原 崇徳さん

市内小学校勤務 28歳

10月11日号

清水 昭人さん

9月5日付で川崎警察署長に着任した

清水 昭人さん

幸区在住 58歳

9月27日号

赤根 広志さん

若宮八幡宮で「OYASHIROFES」を企画する

赤根 広志さん

川崎区出身 39歳

9月20日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク