川崎区・幸区版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

東海道かわさき宿交流館で寄席をひらく社会人落語家の 喜楽亭 笑吉さん(本名:依田 耕一) 川崎区役所職員 47歳

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena

粋と笑いを追い求める

 ○…「醍醐味はいろいろな役になりきれることですね」と落語の魅力を語る。川崎区役所の職員として働くかたわら社会人落語家として年間約40回ほど高座にのぼる。「笑いと健康」をテーマに掲げ、町内会や社会福祉協議会が行う高齢者の会食会などで披露したり、自ら寄席を主催もする。

 ○…落語を始めたきっかけは、20年ほど前、テレビで10代目桂文治さんの落語を見たこと。漫才やコントなど、笑いはもともと好きだったが、落語には興味がなかった。しかしこの時は演目の「やかん」の話の面白さ、語り口などすべてが心に刺さり、「こんな風にしゃべりたい」と思った。その頃、「さいわい寄席」の存在を知り、主宰するアマチュア落語家の清流亭いしあたまさんに弟子入り。芸名はめでたそうな文字を組み合わせて自分でつけた。入門約2カ月で初高座。演目は落語を始めるきっかけになった「やかん」。「やさしいお客さんばかりで、ウケがよく、高座にのぼる快感を覚えました」

 ○…家族は妻と高2の長女、小6の長男。落語をしていることで長女とは役作りの話で盛り上がり、長男は舞台に上がることをすごいと言ってくれるが、「妻は褒めてくれない」と苦笑い。今年になって話の筋を聞かせる訓練のために、講談を習い始めた。以前は話の途中の唄のために小唄を習ったこともある。毎日30分くらい欠かさず稽古するなど、落語漬けの日々だ。

 ○…1000以上あると言われる古典落語の中で現在の持ちネタは50席。言いたいせりふがあるかどうかを基準に選んできた。今後100席まで覚えるのが目標だ。「面白いという要素以外に『粋』を表現するのが古典落語。『粋』とは強がりともいえる生き様。それを自分も表現したい」

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

木村 政彦さん

発足20周年を迎えた、川崎古式消防記念会の会長を務める

木村 政彦さん

幸区下平間在住 76歳

7月3日号

笹本 忠男さん

戸手第一公園管理運営協議会の代表で毎日公園清掃を行う

笹本 忠男さん

幸区戸手本町在住 76歳

6月26日号

間宮 鉦二(しょうじ)さん

川崎区連合町内会の会長を務める

間宮 鉦二(しょうじ)さん

川崎区大師町在住 84歳

6月19日号

望月 廣太郎さん

第22代幸消防署長として144人の署員を牽引する

望月 廣太郎さん

川崎区伊勢町在住 54歳

6月12日号

中村 崇さん

地域活性団体「川崎中島広報企画室」の代表を務める

中村 崇さん

川崎区中島在勤 37歳

6月5日号

菊池 厚志さん

個人飲食店支援のクラウドファンディングプロジェクトリーダーを務める

菊池 厚志さん

幸区戸手本町在住 30歳

5月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク