川崎区・幸区版 掲載号:2019年7月19日号 エリアトップへ

流しそうめんに舌鼓 小田1丁目町内会

社会

掲載号:2019年7月19日号

  • LINE
  • hatena
大人はそうめん、子どもはミカンに夢中
大人はそうめん、子どもはミカンに夢中

 小田1丁目町内会(會田勝規会長)は7月15日、西小田公園で「流しそうめん」を行った。

 公園の向かいに立つ町内会館の2階から竹を流れてくるそうめんを、大人も子どもも待ち構えるように箸をのばし、味わった。そうめんは15kg、約150人分を用意。子どもが喜ぶように缶詰のミカンも流した。竹は太田弘志さんの妻の実家(横浜市戸塚区俣野町)の山で切ってきたもの。箸や椀も竹で作ったという。

 會田会長によれば、3年前に盆踊りの舞台を他に利用できないかと考え、流しそうめんを思いついたのがきっかけという。「役員の親睦もはかれるし、町内の宝である子どもにできる限りのことをしてあげたい」と語った。

 木内苺さん(小6)は「そうめんよりミカンが流れてくるのが楽しい」と笑顔で話した。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

「ボラ経験なし」7割

幸区内高校

「ボラ経験なし」7割 社会

興味ありは半数強

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

市民ミュージアム取り壊し

市民ミュージアム取り壊し 文化

日程は未定 移転再建へ

9月17日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 社会

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

夏の感動をもう一度

ミューザ川崎

夏の感動をもう一度 文化

ダイジェスト映像公開

9月17日号

拉致問題、理解深めて

拉致問題、理解深めて 社会

10月2日 市民のつどい

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook