川崎区・幸区版 掲載号:2019年7月19日号 エリアトップへ

「異形のアーティスト」として活躍する 友川 カズキさん (本名 及位(のぞき)典司(てんじ))幸区都町在住 69歳

掲載号:2019年7月19日号

  • LINE
  • hatena

モットーは「先行一車」

 ○…弦一本、筆一本…歌手として、詩人、エッセイスト、画家として、走り続ける。先月には20代から現在に至るまで手掛けた詩や随筆などをまとめた『一人盆踊り』(ちくま文庫)を刊行。秋には俳優としてドラマ出演も控える。多彩な才能には脱帽だが「食えなくて、いろいろやっているだけ」とおどけてみせる。無類の酒好きで「大穴狙いの競輪愛好家」としても知られる。自由を謳歌し、結婚後も単身生活を送る。「異形のアーティスト」と呼ばれるゆえんだ。

 ○…秋田県出身。能代工高時代は「2年生からマネージャー」というものの、バスケットボールに打ち込んだ。集団就職を機に上京し、20代前半から川崎で生活する。建設労働者の傍ら、詩作を書き続け、1974年にレコードデビュー。1977年に発表した『生きてるって言ってみろ』をはじめ、歌手ちあきなおみさんの名曲集『微吟』に収録されている『夜へ急ぐ人』の作詞作曲も行った。『トドを殺すな』はその後、お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さんによって再び脚光を浴びた。その影響もあり、ステージには多くの若者が足を運ぶ。ライブでは紙上で語れないような「本音トーク」も受けている。

 ○…競輪愛好歴は、ざっと30年。15年ほど前には、家賃5万円を使い、280万円勝ったことも。「一度たりとも同じレースはない」のが競輪の魅力。そんな背中を見てきた次男は競輪専門紙の記者になった。

 ○…川崎競輪場のある川崎東口に住まいを構えたら「飲み歩いてしまう」からと幸区に住み続ける。

モットーは、決して逃げるわけでもない、自分の好きなようにレースをする「先行一車」。26日には川崎競輪場で脚本家加藤正人さんとレース展開など競輪の奥深さを語る。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

山本 洋さん

チームをアメフト日本一に導いた

山本 洋さん

富士通フロンティアーズHC(ヘッドコーチ) 45歳

1月24日号

成田 真由美さん

パラリンピック競泳の金メダリストで、東京大会の日本代表入りを目指す

成田 真由美さん

多摩区在住 49歳

1月10日号

勢津 智佳さん

川崎青年会議所(JC)の理事長に就任した

勢津 智佳さん

幸区堀川町在住 39歳

1月1日号

菊池 明美さん

小倉公会堂で若手演芸選手権を行ったNPO法人リールの代表理事を務める

菊池 明美さん

幸区在勤

12月20日号

草壁 悟朗さん

11月1日付で、川崎商工会議所の会頭に就任した

草壁 悟朗さん

幸区在住 66歳

12月13日号

村石 英雄さん

第32回全国健康福祉祭(ねんりんぴっく)将棋の部個人戦で優勝した ”と金”のごとく積み重ね

村石 英雄さん

川崎区藤崎在住 68歳

12月6日号

飯田 誠二さん

2019年度かわさきマイスターに認定された

飯田 誠二さん

川崎区旭町在勤 51歳

11月29日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク