神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2019年7月19日 エリアトップへ

「異形のアーティスト」として活躍する 友川 カズキさん (本名 及位(のぞき)典司(てんじ))幸区都町在住 69歳

公開:2019年7月19日

  • LINE
  • hatena

モットーは「先行一車」

 ○…弦一本、筆一本…歌手として、詩人、エッセイスト、画家として、走り続ける。先月には20代から現在に至るまで手掛けた詩や随筆などをまとめた『一人盆踊り』(ちくま文庫)を刊行。秋には俳優としてドラマ出演も控える。多彩な才能には脱帽だが「食えなくて、いろいろやっているだけ」とおどけてみせる。無類の酒好きで「大穴狙いの競輪愛好家」としても知られる。自由を謳歌し、結婚後も単身生活を送る。「異形のアーティスト」と呼ばれるゆえんだ。

 ○…秋田県出身。能代工高時代は「2年生からマネージャー」というものの、バスケットボールに打ち込んだ。集団就職を機に上京し、20代前半から川崎で生活する。建設労働者の傍ら、詩作を書き続け、1974年にレコードデビュー。1977年に発表した『生きてるって言ってみろ』をはじめ、歌手ちあきなおみさんの名曲集『微吟』に収録されている『夜へ急ぐ人』の作詞作曲も行った。『トドを殺すな』はその後、お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さんによって再び脚光を浴びた。その影響もあり、ステージには多くの若者が足を運ぶ。ライブでは紙上で語れないような「本音トーク」も受けている。

 ○…競輪愛好歴は、ざっと30年。15年ほど前には、家賃5万円を使い、280万円勝ったことも。「一度たりとも同じレースはない」のが競輪の魅力。そんな背中を見てきた次男は競輪専門紙の記者になった。

 ○…川崎競輪場のある川崎東口に住まいを構えたら「飲み歩いてしまう」からと幸区に住み続ける。

モットーは、決して逃げるわけでもない、自分の好きなようにレースをする「先行一車」。26日には川崎競輪場で脚本家加藤正人さんとレース展開など競輪の奥深さを語る。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

石崎 弘志郎さん

川崎臨港警察署長を務める

石崎 弘志郎さん

川崎区在住 54歳

6月14日

山田 洋志さん

データ分析で教育情報を透明化するITベンチャー「ガッコム」社長

山田 洋志さん

高津区在住 43歳

6月7日

脇本 靖子さん

川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」(高津区)の新館長に就任

脇本 靖子さん

多摩区在住 44歳

5月31日

永岡 敦司さん

今春から幸消防署長を務めている

永岡 敦司さん

高津区在住 54歳

5月24日

森 勝利さん

川崎野球協会の会長を務める

森 勝利さん

幸区南加瀬在住 80歳

5月17日

高橋 宏和さん

川崎郷土・市民劇『百年への贈り物ー川崎市誕生ものがたりー』で主役を演じる

高橋 宏和さん

多摩区在住 52歳

5月10日

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook