川崎区・幸区版 掲載号:2019年7月26日号 エリアトップへ

稲毛神社 ご神宝「勅幣」復元 山王祭で使用

文化

掲載号:2019年7月26日号

  • LINE
  • hatena

 川崎の夏の風物詩である稲毛神社(川崎区宮本町・市川緋佐麿宮司)の「山王祭」が8月1日から4日まで行われ、同神社は現在、準備を進めている。

 今年は改元を記念し、同神社第一の「ご神宝」とされる勅幣を文書『愚弄忠正遊覧記』に残る図柄=写真右=を基に復元(復原)=写真左=。来月2日の古式宮座式での使用を前に、現在、社務所で公開している。

 同神社によると、復元された7本の勅幣は欽明天皇から下賜されたものと伝えられ、最長で約190cm、最短でも約150cmあるという。1945年の川崎大空襲で焼失し、これまで簡易的なもので代用していたという。「勅」は天皇からいただいたものを指すことから、復元はご即位のタイミングと考えたと説明する。

 同神社は「ご即位により新たな時代が始まった。時代の流れは速いが、昔の上に立つことで今がある。いにしえの美風を見直し、考え直していただければ」と話す。

 山王祭は8月1日から4日まで開催。1日は宵宮祭、2日は例祭で古式宮座式を行う。古式宮座式は県の民俗文化財にも指定されている。3日は町内神輿連合渡御、4日は「孔雀」「玉」と呼ばれる2基の神社大神輿が氏子23町会を巡行する神幸祭を行う。2日から4日は神社境内に露店が出店し、祭りを盛り上げる。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

風呂企画で26周年『沸騰』

川崎フロンターレ

風呂企画で26周年『沸騰』 スポーツ

純烈コラボでファン層拡大

1月21日号

「働き方改善」で連携

ラ チッタデッラ

「働き方改善」で連携 社会

地域活性に向け一歩

1月21日号

惣之助の偉業、映像化

映画監督喜屋武さん

惣之助の偉業、映像化 文化

今秋公開目指す

1月14日号

芝がつないだ名将との縁

市立川崎高サッカー部

芝がつないだ名将との縁 スポーツ

故・小嶺忠敏さん秘話

1月14日号

鹿島田商店会 特別賞に

かながわ商店街大賞

鹿島田商店会 特別賞に 社会

オンライン活用企画が評価

1月7日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook