川崎区・幸区版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

日蓮宗 了源寺の住職に就任した 永田 行雄(ぎょうゆう)さん 幸区北加瀬在住 49歳

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena

伝統と時代性を大切に

 ○…先月30日に了源寺の第27代目住職に就任した。就任の儀式である法灯継承式を終え、「住職とはお寺の代表。それまで寺を支えてきた26人の先代たちがつないでくれた歴史を、次の世代につなげる使命がある」と気を引き締める。404年の歴史を持つ了源寺。これまで寺を支えてきたのは「何千、何万の檀家さんがいてのこと。たくさんの方の思いがこの寺に詰まっているという重みを胸に、勤めを果たしたい」と語る。

 ○…幸区北加瀬出身。同寺の長男として生まれた。大学3年生の時、日蓮宗の正式な僧侶となるための修行「信行道場」を完遂。山に入り35日間、朝は4時から夜は11時まで水行や読経などの修行を行ったのは思い出深い。その後100日間の荒行など、より過酷な修行も経験したが、「初めての信行道場が一番辛かった」。辛い修行をやり抜いたことが、後の自信につながったという。

 ○…学生時代はバンド活動にも打ち込み、ドラムスを担当した。「毎週のようにCDショップに通い、当時流行していたLOUDNESS(ラウドネス)などをよく聴いていました」と懐かしむ。同じバンドでボーカルをしていた弟は、幸区で現在、音楽スタジオを営む。今ではめっきり演奏しなくなったが、「ドラムで鍛えたリズム感が、もしかすると木魚に生かされているかもしれません」とほほ笑む。

 ○…寺の伝統を守る部分と、時代に即して柔軟に変えていく部分の両立を目指す。そのためには「地域で寺に対してどんなニーズがあるかを受け取る」ことが重要といい、檀家とのコミュニケーションを密にしていきたいと話す。地域住民に開かれた寺として、恒例の花まつりや御会式を開催していくほか、現在は行えていない「夏の盆踊りもいつかできたら」と語る。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

石塚 昌夫さん

交通遺児チャリティー「つくし会」の代表を務める

石塚 昌夫さん

幸区南加瀬在住 60歳

11月8日号

小林 美由起さん

性同一性障害の実子のドキュメンタリー映画作品の広報を担当する

小林 美由起さん

中原区出身 58歳

11月1日号

山田 隆さん

川崎臨港警察署長として陣頭指揮を執る

山田 隆さん

川崎区富士見在住 57歳

10月25日号

吉原 崇徳さん

川崎区・幸区で小学生の学習サポートを行う「つばき学習会」の代表を務める

吉原 崇徳さん

市内小学校勤務 28歳

10月11日号

清水 昭人さん

9月5日付で川崎警察署長に着任した

清水 昭人さん

幸区在住 58歳

9月27日号

赤根 広志さん

若宮八幡宮で「OYASHIROFES」を企画する

赤根 広志さん

川崎区出身 39歳

9月20日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク