川崎区・幸区版 掲載号:2019年11月8日号 エリアトップへ

交通遺児チャリティー「つくし会」の代表を務める 石塚 昌夫さん 幸区南加瀬在住 60歳

掲載号:2019年11月8日号

  • LINE
  • hatena

地域を繋ぐ慈善の心

 ○…「つくし会」はかつて父親がやっていたボランティア団体の名を継承したものだ。子どものころ募金のお礼にもらったはがきは50年たった今も大切に取ってある。「父の姿を見ていたので、何かしらのボランティア活動をしたい思いはあった。義弟の死が交通遺児チャリティーのきっかけになった」。2003年のバザー開始時は5年も続けばと思っていたが、仲間からの後押しもあり、気づけば今年で17回目を数える。

 ○…1997年4月、義弟が交通事故で亡くなった。甥の小学校入学式を目前にしての悲劇だった。子どもがいなかったこともあり、甥や姪に対しては我が子のように接した。保育園の送り迎えや、キャッチボールをしたりもした。小学校の授業参観で一緒に給食を食べることになり、苦手な玉ねぎを食べる羽目になったことも懐かしい思い出だ。

 ○…中学生になった甥に「もう子どもじゃないから、これまで周りにお世話になってきた分、恩返しをしないか」と提案し、バザーを開始。当初は建設業関係の仕事仲間の手伝いが多かったが、徐々に近所の人たちの手伝いが増え、今では約70人の仲間の多くが地域の人だ。募金集めも大事だが、今は仲間と活動することが大切だと感じている。「隣近所との付き合い方も変わってきた。何かあった時に助け合えるのはご近所さん。その近所づきあいを作るきっかけになっていると思う」と活動の意義を語る。

 ○…幸区戸手で生まれ、南加瀬で育った。家族は父と妻。週末は御朱印集めで近郊の神社仏閣を巡る。約3年で10冊近い御朱印帳になったが、趣味ではないと言い張る。「奥さんに付き合ってるだけだよ」と言いながら御朱印を眺める目は楽し気に笑っていた。
 

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

清水 真理子さん

NPO法人「川崎市民石けんプラント」の理事長を務める

清水 真理子さん

川崎区塩浜在勤 57歳

11月22日号

小林 美由起さん

性同一性障害の実子のドキュメンタリー映画作品の広報を担当する

小林 美由起さん

中原区出身 58歳

11月1日号

山田 隆さん

川崎臨港警察署長として陣頭指揮を執る

山田 隆さん

川崎区富士見在住 57歳

10月25日号

永田 行雄(ぎょうゆう)さん

日蓮宗 了源寺の住職に就任した

永田 行雄(ぎょうゆう)さん

幸区北加瀬在住 49歳

10月18日号

吉原 崇徳さん

川崎区・幸区で小学生の学習サポートを行う「つばき学習会」の代表を務める

吉原 崇徳さん

市内小学校勤務 28歳

10月11日号

清水 昭人さん

9月5日付で川崎警察署長に着任した

清水 昭人さん

幸区在住 58歳

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月22日号

お問い合わせ

外部リンク