川崎区・幸区版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

2019年度かわさきマイスターに認定された 飯田 誠二さん 川崎区旭町在勤 51歳

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena

鉄に魅せられた匠

 ○…高圧配管溶接の高い技術と、その技術を生かしたオリジナルの鉄の楽器「Sei」シリーズの製作の取り組みなどが認められ、川崎市内最高峰の匠「かわさきマイスター」の称号を得た。「素直に嬉しい。溶接や鉄の魅力を広く伝えていきたい」と喜びを語る。

 ○…川崎区旭町で営む工務店の3代目。祖父が銭湯の温水ボイラー製作から始め、公衆浴場の減少に伴い、父の代からガス系消火設備の配管溶接がメイン。溶接の熱で反り返るパイプを真っ直ぐに仕上げる技術は、13歳から手伝いで溶接をしてきた経験の賜物だ。「看板も出さず、一切宣伝しないで、75年間やってきているんだ」という言葉に受け継がれてきた技術に対する自負が覗く。

 ○…一方で「本業の堅い仕事だけだと息が詰まる」と言い、鉄彫刻家の顔を持つ。年3、4回個展を開くなど活躍の場は広い。26歳の時、友人の誕生日プレゼントに廃材で電気スタンドを作り、「かっこいい」と褒められたことで、もの作りに目覚めた。阪神・淡路大震災後、仲間とチャリティー展覧会を開き、自作のオブジェが売れたことで「勘違い」をし、1999年に東急ハンズが行う手作り作品のコンテストに溶接技術を使った「鉄の骸骨」が入賞し、自信につながった。そして今、裏波溶接という技術を生かし、作品作りに邁進する。

 ○…趣味は多彩。小・中・高と野球に打ち込みながら、小5でビートルズにはまり、小6からギターを弾く。現在も草野球で汗を流し、音楽活動にも取り組む。20代でアメリカのヒッピーバンドの追っかけをし、列車でアメリカ横断をした時に出会ったサーフィンは、上達のために茅ケ崎に移り住むほどのめりこんだ。仕事も遊びも全力投球だ。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

服部 由弥(ゆうや)さん

「かながわ駅伝」1区で区間賞を取った

服部 由弥(ゆうや)さん

市立塚越中学校3年 15歳

2月21日号

田中 伸子さん

読み聞かせ団体「絵本の会 あいあい」の代表として活動する

田中 伸子さん

川崎区大師町在住 65歳

2月14日号

サワドゴ・ブーレイマさん

母国・ブルキナファソに「絆高校」を創設した

サワドゴ・ブーレイマさん

川崎区扇町在勤 45歳

2月7日号

冨樫 結菜(ゆいな)さん

川崎区出身で、都内の舞台やテレビドラマなどに幅広く出演する

冨樫 結菜(ゆいな)さん

川崎市在住 24歳

1月31日号

冨樫 結菜(ゆいな)さん

川崎区出身で、都内の舞台やテレビドラマなどに幅広く出演する

冨樫 結菜(ゆいな)さん

川崎市在住 24歳

1月24日号

山本 洋さん

チームをアメフト日本一に導いた

山本 洋さん

富士通フロンティアーズHC(ヘッドコーチ) 45歳

1月24日号

成田 真由美さん

パラリンピック競泳の金メダリストで、東京大会の日本代表入りを目指す

成田 真由美さん

多摩区在住 49歳

1月10日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク