川崎区・幸区版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

個性豊か「ママ」3人 一夜限りのスナック開店 12月7日  unicoで

社会

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena
ジュンコさん、Dr.yukiさん、Satty♡さん(左から)
ジュンコさん、Dr.yukiさん、Satty♡さん(左から)

 普段はイラストレーターや歯科医師として働く母親たちが、スナックの「ママ」となり新たな出会いや語らいの場をつくる一夜限りの店「コミュニティスナック日進町」が12月7日(土)午後4時から8時、unico川崎1階共用スペース(川崎区日進町)に出現する。

 店先に立つのはジュンコさん、Dr.yuki(ドクターユキ)さん、Satty(サッティー)♡さんの3人。「おしゃべりが大好き」なママたちと、飲み物を片手にどこか懐かしく、楽しいひとときを過ごせる。イラストレーターのジュンコさんによる小物販売や、歯科医師のDr.yukiさんによる歯ブラシ講習会もあり、ママたちの個性溢れる店になりそうだ。

 人情味あふれ、どんな話も聞いてくれるママという存在がいる「スナック」の雰囲気が面白いと感じていた3人。ジュンコさんとDr.yukiさんは友人同士で、かねてから「いつか色々な人を呼んで、皆で楽しく話せるスナックができたら面白いね」と考えていたという。川崎区に住むジュンコさんが、繋がりのあった川崎区役所職員に構想を話したところ、面白いアイデアと賛同。スナック的な雰囲気で会話を楽しめ、新たな出会いを生む場を作ろうと、市が取り組む「まちのひろば創出職員プロジェクト」の一環として行うことになった。今年春から本格的に企画が始動し、「場を盛り上げるならこの人」と、共通の友人Satty♡さんも仲間入りした。市の担当者は「スナックならではの、日常生活では出会わないような繋がりが生まれれば」と話す。

 母親ではなく、あくまで「ママ」として店に立ちたいとこだわりを見せる3人。「誰でも大歓迎です。この日は日常を忘れて、スナック独特の温かい空間で会話を楽しみましょう」と話す。

 入場料は1000円(ワンドリンク付き・酒類有)。食品の持ち込み可。問い合わせは、市協働・連携推進課【電話】044・200・2017。
 

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

鉄道のまちをアピール

鉄道のまちをアピール 社会

幸区役所 来年度予算案で

2月21日号

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

文化財登録へ一歩前進

川崎球場遺構

文化財登録へ一歩前進 文化

市議会が趣旨採択

2月14日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

生徒、教師で2部門大賞

幸高校

生徒、教師で2部門大賞 文化

市内農産物レシピコンで

2月7日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 文化

年度内の作業完了めざす

2月7日号

住宅防火支え、解散へ

婦人消防隊

住宅防火支え、解散へ 社会

36年で延べ1万5千人超

1月31日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク