川崎区・幸区版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

チームをアメフト日本一に導いた 山本 洋さん 富士通フロンティアーズHC(ヘッドコーチ) 45歳

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena

恩師との出会いが転機

 ○…アメリカンフットボールXリーグを勝ち抜き、日本一を決めるライスボウルに出場。関西学院大学に勝利しチームを4連覇に導いた。ヘッドコーチ就任1年目で果たした大役を「連覇の期待は感じていたが意識はしなかった。一試合一試合の積み重ねで得られた称号。結果的に目指すものが達成できたことは素直に嬉しい」と振り返る。

 ○…勝利だけでなく、地域貢献やファンとのつながりなどを含めた総合力としての日本一のチームを目指す。小学校を訪問してのフラッグフットボール教室の開催、多摩川美化活動、川崎市のイベント参加などにも積極的に取り組む。昨年からは中・高生を対象にしたフットボール教室も始めた。「市を代表するスポーツチームになりたい」と意気込む。

 ○…東京都吉祥寺出身。小・中・高校と立教に通い、中学まではサッカー少年。日本一を狙えるスポーツを求め高校からアメフトに転身した。荒れた時期があり、部から離れたこともあったが、顧問の清家智光先生の指導もあって復帰。その後、桜美林大学に進学、1997年から2005年まで富士通でプレーしたが、日本一にはなれなかった。06年からコーチに就任、14年にライスボウルで初優勝し、初めて日本一を獲得。その時、対戦相手の関学OBだった清家先生と再会。第一声で「お前がこんなになるとは思わなかった」と言われたが、成長を喜んでくれたと感謝する。

 ○…座右の銘は「stay humble(謙虚であれ)」。優勝したことに慢心せず、また0からトップを狙えるチーム作りを行う。来季はどのチームも成し遂げたことのない5連覇のかかったシーズンだが「あくまで結果としてのV5だ」と気負いはない。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

大久保 謙二さん

京急川崎駅駅長を務める

大久保 謙二さん

横須賀市在住 57歳

3月20日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月13日号

山田 益男さん

幸区文化協会会長として活躍する

山田 益男さん

幸区幸町在住 64歳

3月6日号

岩 篤志(いわ あつし)さん

小学校や自身のコミュニティカフェで「食」を通したまちづくり活動を行う

岩 篤志(いわ あつし)さん

幸区堀川町在勤 36歳

2月28日号

服部 由弥(ゆうや)さん

「かながわ駅伝」1区で区間賞を取った

服部 由弥(ゆうや)さん

市立塚越中学校3年 15歳

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク