川崎区・幸区版 掲載号:2020年2月28日号 エリアトップへ

南北ヒーロー 頂上決戦 「タージマン」多摩区に挑む

社会

掲載号:2020年2月28日号

  • LINE
  • hatena
投票パネルを持つタージマン(左)とイクター=23日
投票パネルを持つタージマン(左)とイクター=23日

 田島地区の交通安全啓発ヒーロー「仮面ウォーカー タージマン」と、生田地区町会連合会(多摩区)のキャラクター「仮面ウォーカー イクター」。市内南北で活躍する両者の知名度を向上させようと、「仮面ウォーカーの頂点」を決める人気投票が行われている。

 タージマンは2015年春、川崎区役所田島支所で誕生。幼稚園や保育園、小学校の交通安全教室で交通ルールを教えてきた。一方、イクターは18年夏生まれ。多摩区内のイベントで地域活性や町会活動の周知に取り組んでいる。

 タージマンとイクターは共に、田島支所に勤めていた職員の望月幸夫さん(48)が考案。昔からヒーローものが好きで、子どもにも交通安全や地域に興味を持ってもらいたいと、生田に転勤した後も制作を続けてきた。

溝口で直接対決

 今回の投票企画では、両者が初めて対面。川崎市のオリンピック・パラリンピック関連事業「かってにおもてなし大作戦!」の2つのイベントで、広報しながら会場を盛り上げる。

 初回は今月23日、武蔵新城駅周辺(中原区)の催しに登場。投票パネルを持ち、子どもたちとふれあった。最終決戦となるイベントは2月29日(土)、溝の口駅北口ペデストリアンデッキで行われる(午前11時〜午後2時)。「両方揃うのは新鮮でうれしい。中間地点での対決、多くの人に来てもらいたい」と望月さん。田島支所で共に制作に携わった石郷岡健一さん(52)は「イクターが多摩区で活躍していて、タージマンも頑張らないと」と思いを話す。

 投票はウェブでも受け付け、3月中旬締切予定。専用ツイッターのアカウントは「mwproject_Kcity」、投票は下記QRコードから。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

川崎「聖地」目指す

eスポーツ

川崎「聖地」目指す スポーツ

プロチームが地域活動計画

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

地域一体で開設400年へ

【Web限定記事】東海道川崎宿

地域一体で開設400年へ コミュニティ文化

関係地区の活性化図る

2月19日号

川崎西口にエンタメホール

【Web限定記事】

川崎西口にエンタメホール 社会

2022年度中の運用開始目指す

2月19日号

校庭開放利用に「催し」を

校庭開放利用に「催し」を 社会

幸高生が区に提言

2月12日号

コロナ対策に217億円

川崎市予算案

コロナ対策に217億円 社会

追加予算見据え、経営支援

2月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク