川崎区・幸区版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

ルフロンルームで 子連れ献血4月開始 市民の声 契機

社会

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena
同ルームのキッズスペース
同ルームのキッズスペース

 日本赤十字社神奈川県赤十字血液センターは来月から、かわさきルフロン献血ルーム(川崎区日進町)で「お子様見守りサービス」を始める。「子ども連れでも献血したい」という市民の声がきっかけ。「献血を諦めていた親御さんにも来てほしい」と協力する川崎区赤十字奉仕団は期待を寄せる。

 このサービスは、生後6カ月から小学校就学前までの子どもを持つ親が対象。親が献血している間、無料で子どもを預かってもらえる。

 昨年夏、日本赤十字社川崎市地区の本部長である福田紀彦川崎市長が地域の催しに参加した際、「献血はしたいが子どもが小さく協力できない」という子育て中の市民から提案を受けたことをきっかけに実現した。

 子どもの見守りは、保育士や保育の経験者を抱える(一財)川崎市保育会、献血活動の推進やPRを行う川崎区と幸区の赤十字奉仕団が務める。

 実施にあたり、川崎区赤十字奉仕団の横山俊夫委員長は「始めは団内でも自分たちにできるのか心配する声があがっていたが、社会貢献のため、新しいことにチャレンジすることが重要ではと訴え、皆さん協力してくれた」と語る。

 同ルームの松田真一所長は「育児中は社会との接点が薄くなってしまうと聞きますが、献血で立派な社会貢献ができる。長時間の育児で煮詰まってしまった方にとって気分転換になれば」と参加を呼びかける。

 初回は4月9日(木)、それ以降は9月までの毎月第2木曜日、午後1時から4時に行う(受付は3時まで)。予約不要。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

親子カフェの灯消さない

幸区盛り上げ隊

親子カフェの灯消さない 社会

前オーナーの志を継承

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

インターアクト結成

市立川崎高校

インターアクト結成 教育

川崎RCがスポンサーに

4月2日号

コロナ対応に力点

川崎商議所新年度事業

コロナ対応に力点 経済

WEB上経営支援など10事業

4月2日号

性暴力根絶へ 地元から

フラワーデモ川崎

性暴力根絶へ 地元から 社会

市内初、「ともに寄り添う」

3月26日号

最終2作品 出そろう

三角おむすびレシピコン

最終2作品 出そろう 文化

4月4日、稲毛公園で決戦

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク