川崎区・幸区版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

川崎市中小融資 新制度に相談急増 コロナ窓口、半月で875件

社会

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスの影響で業績が悪化した中小企業から、川崎市への経営相談が3月に入り、急増している。窓口への相談件数は23日までに900件に迫り、市は支援策として新たな融資制度を導入するなど対策を講じている。

 新型コロナの感染拡大を受け、川崎市は1月30日に経営相談窓口を設置。2月末までの相談件数は9件だったが、市が新たな融資制度を表明した3月2日以降、相談が急増。イベント関連企業や飲食店などから資金繰りの悪化に関する相談などが目立つという。

 新制度は融資限度額を従来の8千万円から2億8千万円に引き上げ、金利を0・9%から1・6%の低金利に設定。信用保証料率を市が全額補助する。融資には市の認定が必要で、1カ月の売上高が前年比15%以上減少見込みであることなどが条件。認定は窓口での書類申請が必要で、3月23日時点で237件が認定され、57件に融資が決まった。川崎信用金庫など市が指定する26の金融機関が融資を行う。

 中国でコンサルティング業を手掛ける幸区の会社の代表は「1月から3月まで予定していたイベントは中止し、4月以降もめどが立たない。当座の運転資金が必要で相談をした。直近の2月の売上はコロナの影響が出る前で前年比減にならず、条件に合わないが融資が受けられるのか」と不安を口にする。市担当者は「市の融資制度だけでなく日本政策金融公庫の無利子の融資も利用し、対応してもらうしかない」と語る。

 川崎市産業振興財団の中小企業サポートセンターは、経済の低迷が長引くことで仕入れに影響が出る製造業などの業績悪化が拡大するとみる。08年のリーマンショック以降の3年間は市内の倒産企業が100件を超えた。同センターの担当者は「リーマンショックのときと違い、この状況が長引けば一気に倒産する企業が出るかもしれない。危機を脱するにはここで設備投資をするなどの覚悟が必要」と話す。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

親子カフェの灯消さない

幸区盛り上げ隊

親子カフェの灯消さない 社会

前オーナーの志を継承

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

インターアクト結成

市立川崎高校

インターアクト結成 教育

川崎RCがスポンサーに

4月2日号

コロナ対応に力点

川崎商議所新年度事業

コロナ対応に力点 経済

WEB上経営支援など10事業

4月2日号

性暴力根絶へ 地元から

フラワーデモ川崎

性暴力根絶へ 地元から 社会

市内初、「ともに寄り添う」

3月26日号

最終2作品 出そろう

三角おむすびレシピコン

最終2作品 出そろう 文化

4月4日、稲毛公園で決戦

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク