川崎区・幸区版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

【Web限定記事】クラウドファンディング リターンは未来食事券 川崎の個人飲食店を支援

経済

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスの影響で、売り上げ低迷に苦しむ川崎駅周辺の個人経営の飲食店が力を合わせ「♯がんばろうカワサキ『サキ盛!!』」プロジェクトと銘打ち、クラウドファンディングを立ち上げた。6月15日までに1000万円を集めたいと意気込む。

 同プロジェクトのリーダー、菊池厚志(30)さんは川崎駅前仲見世通商店街や銀座街などで4店舗の居酒屋を経営する。2月までの業績は順調だったが、3月には売上が前年比70%、4月には20%にまで落ち込み、5月も同じような推移だという。

 4月7日に緊急事態宣言が出され、この長引く状況に対し何か手を打たなければと考えだしたころ、全国で飲食店支援のクラウドファンディングが立ちあがって大きな反響を得ていることを知り、同業の仲間と動き出した。

 プロジェクトのコンセプトは「未来の買い物をして、店舗の今を支える」こと。将来食べに行くことを想定し、食事券を前売りで買うイメージ。3,000円、5,000円、10,000円、15,000円、30,000円の支援金に対し、リターンは購入金額に20%のプレミアムを付けたミックス食事券。参加店40店舗の中からランダムで3〜30店舗のチケットが送られてくる。川崎駅前仲見世通商店街が毎年行っている食べ・飲み歩きイベント「ハシゴしナイト」と同様に色々な店舗を楽しめる形態にした。

 集まった支援金は参加店で均等に分け、それぞれの活動資金にあてる。

 菊池さんは「今は午後8時頃に店を閉めて外に出ると街が暗い。何か前向きなものがないとスタッフのモチベーションも上がらない。チケットを買ってもらえれば未来に向かって頑張ろうという気になれます」と話す。

 クラウドファンディング終了後、6月20日から29日の間に食事券を発送。食事券の有効期限は7月1日から2021年6月30日まで。

 5月9日にスタートし、5月18日時点で109人、161万9,000円が集まっている。

 クラウドファンディングの受付はhttps://camp-fire.jp/projects/view/213000。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

「新しい観戦様式で」

川崎F

「新しい観戦様式で」 スポーツ

リーグ戦再開 あす鹿島戦

7月3日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

短冊に願い、ウェブから

短冊に願い、ウェブから 社会

楽大師 「新しい」七夕まつり

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立へ

熱中症・コロナ 対策両立へ 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

「火消の伝承者」心待ちに

「火消の伝承者」心待ちに 文化

川崎古式消防記念会、20年

6月19日号

詐欺防止へ機器貸し出し

川崎市

詐欺防止へ機器貸し出し 社会

需要増への対策がカギ

6月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク