川崎区・幸区版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

9月3日付で第37代幸警察署長に就任した 横田 和道さん 幸区大宮町在住 55歳

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena

足元固め、地域を守る

 ○…幸区は警察学校時代の研修で配属された縁のある場所。研修先は川崎駅西口交番だった。「当時の工場街とはさま変わりしていて、すっかり落ち着いた町になった」と懐かしむ。「幸区に住む方が安心して暮らせるように、署員一丸となって安全・安心なまちを目指したい」。警察官人生のスタート地点ともいえるこの地で、気持ち新たに意気込む。

 ○…署員に訓示することはいつも決まっている。「自分と家族を大事にすること」「与えられた立場で仕事を全うすること」の2つだ。「足元がしっかりしていないと住民の皆さんを守れない」と力を込める。さらに重要視するのが、制服姿を見せること。「徒歩でパトロールすることで、街なかで警察官の姿を見てもらえる。歩いてお声がけすることで、安心してもらえたら」

 ○…前任は横須賀市の田浦署長。これまで外事課や県庁への出向などさまざまな職務に就いた。「どれもターニングポイント。いろんな経験をさせてもらった」。機動隊でオウム真理教の拠点があった旧上九一色村などの第一線に出動することもあれば、県議会の連絡係を務めたこともあった。「議員や記者の方々とやり取りすることで視野が広がった」と振り返る。柔軟な対応や人当たりの良さは、多くの経験から培われたようだ。

 ○…着任して以来、毎朝5時から1時間ほど区内をランニングするのが日課になっている。「地域の皆さんが自主的に防犯活動する姿を見かける。安全なまちづくりは警察だけではできないこと。皆さんに力添えしてもらっている」と感謝の言葉を口にする。特殊詐欺や交通事故対策など優先すべき事案を追いながらも、目の前の「安全・安心」を守るため、全力を尽くす。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

雨谷 麻世(あまがい まよ)さん

11月2日にチャリティーコンサートを 開くソプラノ歌手

雨谷 麻世(あまがい まよ)さん

川崎区渡田新町出身 

10月23日号

板橋 洋一さん

川崎地方自治研究センター理事長に就任した

板橋 洋一さん

川崎区在勤 66歳

10月16日号

成川 七郎さん

「さいわい加瀬山の会」の会長を務める

成川 七郎さん

幸区南加瀬在住 80歳

10月9日号

飯島 元和さん

「もとき食堂」を立ち上げた元木1・2丁目町内会の会長を務める

飯島 元和さん

元木2丁目在住 68歳

10月2日号

横田 和道さん

9月3日付で第37代幸警察署長に就任した

横田 和道さん

幸区大宮町在住 55歳

9月25日号

青山 利史(としちか)さん

9月3日付で第74代川崎警察署長に就任した

青山 利史(としちか)さん

幸区大宮町在住 57歳

9月18日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク