川崎区・幸区版 掲載号:2021年1月29日号 エリアトップへ

「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」の川崎支部を立ち上げた 岡田 恵利子さん 幸区中幸町在住 38歳

掲載号:2021年1月29日号

  • LINE
  • hatena

「探求心」で自分らしく

 ○…「ずっと使ってきた姓には愛着がありアイデンティティーでもある」。選択的夫婦別姓を求め、市議会への陳情提出に向けて市民の声を集める活動をスタートさせた。カメラ機能のデザイナーとしてグッドデザイン賞などを受賞し実績を積んできたが、どれも旧姓で残してきたもの。「デザイナーとしての自分は”岡田恵利子”。そこを貫きたい」と留学先でも旧姓利用を求めたが壁にぶつかった。「将来、娘が困らないように」。原動力は愛娘だ。

 ○…留学先のデンマークでは夫婦別姓制度はもちろん、教育面、文化面でも様々な違いを目の当たりにした。「幼少期から自分の考えを言葉にすることが大切にされている」と話す。こうした体験を共有しようと教育環境を考えるイベントの開催やウェブでの情報発信を、フリーデザイナーとしての仕事のかたわら続けている。「日々の困りごとを一緒に考えることで少しでも解消していきたい」。徐々に反響も増え、「自分の周りの小さな社会でも、良い方向に変化していくことがうれしい」と目を輝かせる。

 ○…やると決めたら猪突猛進の行動派。子育てしながらフルタイムで働ていたが、スキルアップのため大学院進学、交換留学を決意した。娘を連れての留学は育休中のフィリピンへの語学留学を含め2度目。「旦那にはメリットを記した企画書を作ってプレゼンしました」とお茶目に笑う。理解してくれる家族への感謝は尽きない。

 ○…地元にも目を向ける。市民活動や地域課題の解決に向け、写真やデザインの知識を生かした講座を企画中だ。多岐にわたる活動に「今は迷路の中にいるようだけど種まきの時期。周りの人の幸せをつくるお手伝いができれば」。持ち前の探求心で突き進む。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

小松原 徹さん

4月17日付けで川崎消防団団長に就任した

小松原 徹さん

川崎区旭町在住 73歳

5月14日号

小川 晶さん

第25代臨港消防署長を務める

小川 晶さん

横浜市在住 53歳

5月7日号

間宮 雄二郎さん

4月1日付で川崎消防署長に就任した

間宮 雄二郎さん

東京都大田区在住 58歳

4月30日号

荒川 徹朗さん

第60代川崎臨港警察署署長を務める

荒川 徹朗さん

川崎区富士見在住 58 歳

4月23日号

武内 康平さん

3月にボッチャ東京カップ2021で優勝した「川崎ボッチャーレ」メンバーの

武内 康平さん

幸区役所勤務 27歳

4月16日号

増田 宏之(あつし)さん

第21代川崎区長に就任した

増田 宏之(あつし)さん

東京都大田区在住 58歳

4月9日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter