川崎区・幸区版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

川崎競輪場 魅力紹介コーナー 九ちゃん通信

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena

4月8〜11日恒例の桜花賞

 川崎競輪場の春の祭典「桜花賞 海老澤清杯」(GIII・ナイター)が4月8日(木)から11日(日)まで開催される。今年は新型コロナの感染対策を徹底しながら有観客での実施。ただ、入場人数が制限されるため、同競輪場はウェブサイト内にある「ユーチューブなどでの生配信でレースをチェックしていただきたい」と語る。

 今回のレースには、2月に同競輪場で55年ぶりに行われたGIを制した地元の郡司浩平選手をはじめ、佐藤慎太郎選手(北日本)、清水裕友選手(中国)といった競輪トップの「S級S班」の選手が出場予定。このほか、川崎をホームバンクにする内藤秀久選手、小原太樹選手、東龍之介選手、松谷秀幸選手といった実力者の「S級1班」の選手が出場へ向け準備をしている。

 競輪は独特の駆け引きや心理戦が一つの魅力。同競輪場は競輪初心者にその面白さや奥深さを知ってもらおうと、公式ウェブサイトで漫画『ケイリン♥LOVE〜ルナとヒマリの競輪ロード〜』を掲載。今回の桜花賞にあわせ、同レースの見どころを紹介する。
 

『ケイリン♥LOVE〜ルナとヒマリの競輪ロード〜』桜花賞編。続きは2次元バーコードからアクセス。
『ケイリン♥LOVE〜ルナとヒマリの競輪ロード〜』桜花賞編。続きは2次元バーコードからアクセス。

川崎区・幸区版のコラム最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク