川崎区・幸区版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

平間中学校区地域教育会議主催の卒業記念花火大会実行委員長を務めた 小林 雅代さん 幸区古市場在住 37歳

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena

ノリと勢いと信念と

 ○…卒業祝い、思い出作り、地域連携を掲げた花火大会。現場は無観客でオンライン配信だったが、友人から「子どもたちの嬉しそうな顔を見せてあげたかった」という言葉を聞き、やってよかったと思った。「音には驚いたけど、打ち上げられる花火を見て今までの苦労が報われた」と企画の成功を噛みしめた。

 ○…古市場小のPTA会長を5年務めた。若い頃、好き勝手やってきたので、誰かの役に立ちたいという思いがある。学校70周年記念行事での手作りモグラたたきやペットボトルボーリングなどが思い出深い。一昨年行ったお泊り避難所体験は、東日本大震災で被災した友人がいたこともあり、子どもたちに災害時の経験をさせておきたかった。地域も巻き込んでの企画で説得に苦労もしたが、そこで勝ち得た信頼は大きい。「今回の花火も含め、子どもたちには実現が難しそうなこともみんなで力を合わせれば出来るんだということを見せられたと思う」

 ○…古市場で生まれ育つ。子どもの頃は自己中で出たがりな性格だったと自己分析。思ったことを実行する行動力、リーダーシップは今も健在だ。高1で中退し、通信制高校に入学。この頃から家に帰らず、友人の家を泊まり歩いた。大学にも行ったが、性に合わず1年もたずに中退。22歳で結婚を機に実家に戻った。10年前に離婚し、現在は中3の長女、中2の双子姉妹、中1の長男との5人暮らし。

 ○…PTA活動は楽しかった。若い頃を知る地域の人からは「大丈夫か」と心配もされたが、積み重ねでいつしか認められるようになった。友人の母親からは「立派になって、と泣かれた」と笑う。「ノリと勢いで生きている」と言われるというが、そこには誰かのためという信念がある。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

増田 宏之(あつし)さん

第21代川崎区長に就任した

増田 宏之(あつし)さん

東京都大田区在住 58歳

4月9日号

小林 雅代さん

平間中学校区地域教育会議主催の卒業記念花火大会実行委員長を務めた

小林 雅代さん

幸区古市場在住 37歳

4月2日号

植田 芳暁さん(本名:大串安広)

60年代のグループサウンズ人気を牽引した「ザ・ワイルドワンズ」のドラムスを務める

植田 芳暁さん(本名:大串安広)

県立川崎高校出身 73歳

3月26日号

片岡 一則さん

「体内病院」の研究リーダーを務める

片岡 一則さん

ナノ医療イノベーションセンター長 70歳

3月19日号

白石 裕子さん

発達障害のある子どもを持つ保護者で作る「星の子フレンズ」代表を務める

白石 裕子さん

川崎区大師本町在住 47歳

3月12日号

須山 守さん

そば職人として2020年度「かわさきマイスター」に認定された

須山 守さん

川崎区大師町在住 62歳

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク