川崎区・幸区版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

市立川崎高校 インターアクト結成 川崎RCがスポンサーに

教育

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena
IACメンバーとRCメンバー
IACメンバーとRCメンバー

 市立川崎高校(川崎区中島・高井健次校長=当時)で高校生の社会奉仕クラブ・インターアクトクラブ(IAC)が結成され、3月26日に同校で結成・認定状伝達式が行われた。川崎ロータリークラブ(RC・市川洋治会長)がスポンサークラブとしてサポートを行い、地域からできる奉仕活動に取り組んでいく。

 メンバーは新2年生の米山春帆さん、林明希さん、本田とあさん、畑花梨さん。4人は昨年、グローバルな視点に立ち、ローカルで出来る活動を行う、市川(市立川崎)グローカルクラブ(IGC)を立上げた。生徒たちの異文化理解を深めたい、国際支援をしたいという思いと、RCが推し進める国際貢献・支援の理念が合致することからIACとIGCのジョイントが実現した。

 IGCはこれまでにラオスの人形劇をしている人を招き、自分たちでも体験したり、韓国料理店を訪問して韓国の食文化について学び、模造紙にまとめ学校に提出するといった活動をしてきた。今後は着なくなった子ども服を回収し、難民などの服を必要とする人たちに届ける「”届けよう、服のチカラ”プロジェクト」を全校に呼びかけるという。

 川崎RCの市川会長は「考えていることを遠慮なくぶつけてもらえれば、皆さんのやりやすいようにお手伝いする。地域から世界に貢献できる、その心を育てていただきたい」とエールを贈った。

 会長の米山さんは「食文化の学びを続けていきたい。いろいろな社会奉仕活動があると思うので、積極的に参加していきたい」と意気込みを語った。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

親子カフェの灯消さない

幸区盛り上げ隊

親子カフェの灯消さない 社会

前オーナーの志を継承

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

インターアクト結成

市立川崎高校

インターアクト結成 教育

川崎RCがスポンサーに

4月2日号

コロナ対応に力点

川崎商議所新年度事業

コロナ対応に力点 経済

WEB上経営支援など10事業

4月2日号

性暴力根絶へ 地元から

フラワーデモ川崎

性暴力根絶へ 地元から 社会

市内初、「ともに寄り添う」

3月26日号

最終2作品 出そろう

三角おむすびレシピコン

最終2作品 出そろう 文化

4月4日、稲毛公園で決戦

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク